お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!


    薬物依存症者やその家族の回復をサポートするため、そして中高生の薬物乱用を防ぐために全国を飛びまわる男性がいる。「茨城ダルク今日一日ハウス」の代表・岩井喜代仁さん(71)だ。

    ダルクでの活動を始めて26年となる岩井さん自身も、薬物依存に苦しんだ経験をもつ。元ヤクザの組長で、覚せい剤を売って生計を立てていた時、客に勧められ、「1度だけなら」と使ったことをきっかけに、薬物依存症になってしまったのだ。

    それが今、なぜ支援する側にまわってるのか。薬物依存症となった岩井さんを救ったのは、意外な人物だった。岩井さんに話を聞いた。(編集部・吉田緑)

    自分の力ではクスリをやめられない

    京都生まれの岩井さんは、家庭が貧しく、中学卒業後から働きに出たそうだ。しかし度重なる非行により少年院に入るなどして、18歳暴力団に勧誘された。覚せい剤を売っていたが、「覚せい剤を使ってはならない」というのが組の掟だった。

    しかし、ある「上客」に勧められたことがきっかけで、「一度きりなら」と、覚せい剤を使用し、薬物依存症になってしまった。組を破門になった頃には、妻はいなくなっていた。3人の子どもは岩井さんが引き取ったが、それでも覚せい剤をやめられず、1985年覚せい剤10グラムの所持・使用で逮捕された。

    判決は懲役3年、5年の執行猶予がついた。ところが、判決が出たあとすぐ、また覚せい剤を使ってしまったという。「自分の力ではクスリをやめられない」。そう思った岩井さんは、たまたま目にした週刊誌で、ある男性が薬物依存症者の回復支援に取り組んでいることを知った。

    奇しくもその男性は、岩井さんに覚せい剤を勧めたかつての客ーー近藤恒夫さん(日本ダルク代表)だった。

    ドクターの育成を

    岩井さんは23年ぶりに近藤さんと再会を果たした。「仕事を探している」と相談すると、近藤さんは「おまえに適任の仕事がある」と茨城ダルクで働くことをすすめたという。岩井さんは回復の道を歩み、薬物依存症者のサポートをする側に生まれ変わった。

    岩井さんがダルクで働きはじめてから26年。かつては覚せい剤やシンナーなどがやめられないという相談が多かったが、この数年は、薬物依存症者が幻聴などを訴えて病院を受診し、処方された睡眠薬や精神安定剤などに依存してしまうという相談が増えているという。

    「薬物依存症の対応ができるドクターを育てるべき。薬物依存症者に薬を出しつづけるドクターもいるが、処方薬に依存してしまう原因になる」と岩井さんは訴える。

    海外から学ぶことはたくさんある

    最近の動きとして、新しい制度ができたが、岩井さんは危機感を抱いているそうだ。その制度が、2016年に再犯を防ぐことを目的として導入された「刑の一部執行猶予制度」だ。はじめて実刑になる者や違法薬物の自己使用・所持の再犯者などが対象となり、刑の執行を一部猶予し、保護観察をつけるなどして、社会の中での治療につなぐ、というものだ。


    岩井さんは薬物依存症が「病気」であるという理解がすこしずつ広まっていることは評価しつつ、「刑務所からは早く出ることはできるが、監視が長くつづく。実は重い刑ではないか」と、指摘する。

    アメリカには薬物犯罪を専門に扱う裁判所・ドラッグコートがある。ドラッグコートへの参加に同意すると、刑事施設には収容されず、裁判官の監督のもと、社会の中でさまざまなプログラムを受けながら、回復を目指すことになる。

    岩井さんは「プログラムを受けるかどうか、自分で選べるのはすごいこと。ドラッグコートでは、薬物依存症者を積極的に自助グループにつないでいる。これは見習うべき」とした。

    「1人でもつながってくれれば」

    岩井さんは「身元引受人や情状証人を引き受けることもある。毎月3、4件ほど裁判に出向く」と話す。ところが、裁判で「ダルクに行く」と約束したにもかかわらず、約束を守らない人が少なくないという。

    「それでもいい。ダルクがあるということを知ってもらうことが大切。1人でもダルクにつながってくれればいい」(岩井さん)

    岩井さんは今日も、1人でも多くの薬物依存症者を救うため、そして子どもたちを薬物から遠ざけるために奮闘する。

    弁護士ドットコムニュース

    元ヤクザ組長、薬物依存症者を支援  生まれ変わって26年 「つながりの場」作りへ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【元ヤクザ組長、薬物依存症者を支援  生まれ変わって26年 「つながりの場」作りへ】の続きを読む



    108 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2015/10/10(土) 13:54:38.11 ID:x9HNoGyL0.net


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【お前らが笑った画像を貼れ in 車板<顔wwwwww>】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/14(金)22:26:33 ID:aYI

    オススメを教えてクレメンス

    (出典 i.imgur.com)


    【腹ペコで快活クラブに転がり込んだやで】の続きを読む


    ヒャダイン(画像はヒャダイン公式ブログスクリーンショット

    ミュージシャンヒャダインが13日、自身のブログを更新。飲食店での店員の対応に怒りを感じたことをつづり、話題になっている。

     

    ■注文した料理がこない…

    とある飲食店で「贅沢ランチプレート」を注文したヒャダイン。しかし、待てど暮らせど注文した料理が運ばれてこず、周囲の客はどんどん食べ終えていく。

    すると、30分ほど待っていたところで店員が来て「オーダー通ってませんでした。パスタでしたっけ?」と一言。「おいおい。忘れてたのかよ。てか、パスタじゃねえし、ランチプレートだよ!」と内心ムカムカしていたヒャダインだが、声を荒げるわけにもいかず「もういいです」と退店したという。

     

    ■「SNSで店を晒してやろうか」

    しかし、やり場のない怒りは募るばかり。「ああ、もっと怒ってやればよかったな」と感じたが、「でも、芸能人だしな。子供番組やってる人間が激昂しちゃあいけないよ。SNSで店を晒してやろうか。いやいや、そんな品の無いことしたら一発炎上確定。はしたない」と思い、結局「なんもできねえ!」と諦め、いつものデリで惣菜を買ったようだ。

    そこで、馴染みの店員に「聞いてくださいよー、あの店があれでー」と愚痴をこぼす。すると店員は笑ってくれ、おかずをおまけしてくれたという。

    デリの店員のおかげで怒りの大半が消えたヒャダインは「怒っても、過去は変えられないし、疲れて損するのは自分だけなんですよね。でもわかっちゃいるけど管理できない、それをマネージメントできるのが生きかた上手の人のやり方なんだろうなあ」とつづった。


    ■「芸能人は大変」「店に直接文句いえば」

    投稿を受け、ブログ読者や『ガールズちゃんねる』では「腹が立つ」「怒らないのはさすが」と共感の声が相次いだ。

    「怒り心頭の中にも冷静さを忘れない所はさすがですね。最近は酒が入り炎上したってニュースも聞く中、芸能人は大変だと思います」

     

    「30分も待たされた時点で腹立つよね。その上注文間違いて最悪だな」

     

    しかし、一方でその場では怒らなかったとしても、このことをブログに書いたことに疑問の声も。

    また、料理が運ばれてこなかったことに疑問をもった時点で店員に聞くべきとの声も寄せられた。

    「店に直接文句いえばいいのに」

     

    あれ? おかしいな? って思った時に声かけたら済む話。急いでるなら、入店時にすぐできますか? って聞く。いらいらしてから声かけるから怒りが頂点に」

     

    ■飲食店でクレームを入れたくなる出来事は…

    しらべぇ既報のとおり、「飲食店でクレームを入れたくなる出来事ランキング」で1位は「料理が運ばれてこない」。約半数の人がヒャダインと同じくイライラを感じているようだ。

    ヒャダインの場合、料理が運ばれてこなかっただけでなく、「パスタでしたっけ?」と何食わぬ顔で注文を聞きに来た店員の態度にも腹が立っていたことから怒りが湧いてきたのだろう。

     

    なかなか怒りを表に出すことが難しい芸能人たち。怒りとの向き合い方は芸能界で生きていく上で必須なのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→美味しくてもムリ!「もう行きたくない」と思った最悪飲食店員3選

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
    対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

    ヒャダイン、飲食店の対応に怒り「SNSで店を晒してやろうか」 その理由に共感


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ヒャダイン、飲食店の対応に怒り「SNSで店を晒してやろうか」 その理由に共感】の続きを読む


    就職活動(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    大卒の就職活動に企業での「インターン」が組み込まれるのは、今や一般的になった。短期の業務体験的なものから、アルバイトのように長期にわたるものまで、さまざまな会社がインターン制度を導入している。

    しかし、中には学生を酷使し搾取するような悪質な「ブラックインターン」が存在するようだ。残業の証拠を自動で残せるスマホアプリ「残業証拠レコーダー」を提供する日本リーガネットワークに寄せられた、ブラックすぎるインターン体験談を紹介しよう。

     

    ■内定者インターンとして週6出勤

    ゆいさんは、業界シェアNo.1のITベンチャーによる「新規事業を担う新卒募集」に応募。採用が決まった。

    「大手の内定も蹴り、夢いっぱいで総合職の内定を受諾しました。大学4年になると会社から『インターンとして働いて今からキャリアを積まないか? もちろん来られる時だけで大丈夫!』と誘われ、いざ行くと1ヶ月もしないうちに週6の出勤。

     

    しかもインターンは8時間未満の勤務は4,000円/日、8時間以上の勤務は8,000円/日しか払われない。大学がある日は7時間のシフトを組まれ、大学がない日は毎日12時間働いた。

     

    それも、『営業の経験を積んだら新規事業の企画を』と言われ内定を受諾したのに、慢性的に人手が足りない開発部署に放り込まれ、誰からも教えられずに独学でプログラミングを続ける日々」

     

    ■週7で「始発帰り」したものの…

    明らかに「話が違う」と思われそうな会社だが、ついに入社してしまったゆいさん。その後も厳しい日々が続いた。

    「気づけば大学を卒業して正社員として入社。半年いればベテラン、といわれている会社で1年も働いていたので、入社後すぐにチームを任されることに。誰も何も教えてくれない週7で始発帰りの日々。もちろん残業代など払われない。

     

    チームメンバーは全員年上なので指示にも従わず、上司には毎日2時間会議室に押し込まれて罵声を浴びせられ続ける。

     

    それでも尊敬できる先輩を見つけ、何とか二人でがんばって大きなプロジェクトを成し遂げたが、会社への報告書からは僕らの名前が消され、上司の手柄となっていた」

     

    異常な残業、そして過度のストレスはゆいさんの心と体を蝕んでいった。

    「そこから心が壊れ始め、上手く寝られずアルコール中毒に。朝は起きれば涙が止まらず、玄関を開けようとすると嘔吐。電車で失神して気づけば病院に。精神科からは重度の抑うつと診断された。

     

    幸いすぐに休職が決定し、1ヵ月後に退職。現在も後遺症があり、朝はうなされて動けないが、現職では裁量労働制を特別に適応していただき、何とかITコンサルとして働けています」


    ■弁護士の見解は

    早野述久弁護士

    内定者インターンを引き受けたばかりに人生に大きな傷を残すことになった今回のケース。法的な問題は、どこにあるのだろうか。鎧橋綜合法律事務所の早野述久弁護士に聞いてみた。

    早野弁護士いまや、多くの会社で、採用活動の一環としてインターンの受け入れをしていますが、一部には問題のあるケースも存在しているようです。

     

    ゆいさんのケースでも、職場体験というインターンの趣旨を逸脱した違法性が高いインターンの実態が伺われます。また、入社後の長時間労働の事実も問題と感じます。

     

    ■インターンを逸脱した違法労働の実態

    厚労省はインターンについて通達を出しているという。

    早野弁護士違法なインターンの形態の一つとして、インターンの学生が「労働者」に該当する実態があるにも関わらず、会社側が労働法規制を遵守しないといったものがあります。

     

    インターンの学生が、労基法上「労働者」に該当する場合とは、「使用される者(「使用」性)で、賃金を支払われる者(「賃金」性)」に該当する場合です(労基法9条)。

     

    この点について、厚生労働省の通達は、「一般に、インターンシップにおいての実習が、見学や体験的なものであり使用者から業務に係る指揮命令を受けていると解されないなど使用従属関係が認められない場合には、労働基準法第9条に規定される労働者に該当しないものであるが、直接生産活動に従事するなど当該作業による利益・効果が当該事業場に帰属し、かつ、事業場と学生の間に使用従属関係が認められる場合には、当該学生は労働者に該当するものと考えられる」としています。


    ■最低賃金を大幅に下回る

    ポイントは「インターンが労働者にあたるかどうか」と、早野弁護士は指摘する。

    早野弁護士ゆいさんの場合は、会社側が作成したシフトに基づく勤務を命じられていること、「慢性的に人手が足りない開発部署に放り込まれ」て正社員と同様の労務に従事させられていること等から、労基法上の「労働者」に該当する可能性が高いでしょう。

     

    そして、「労働者」に該当する場合、労基法、労働契約法、最低賃金法などの労働法規制に保護されることになります。

     

    ゆいさんの場合では、8時間未満の勤務は4,000円/日、8時間以上の勤務は8,000円/日の賃金の支払で、かつ、勤務時間は7時間または12時間とのことですので、時給換算で571円~666円となるため、最低賃金を下回る賃金しか支払われていなかったということになります。(※例えば、平成30年12月現在の東京都最低時給は時給985円です)

     

    また、1日8時間以上又は週40時間以上労働した場合には、残業代も支払わなければなりません。ゆいさんは、これらの最低賃金との差額や残業代を会社に請求することができたということになります。

     

    ■長時間労働とストレスによる深刻な健康被害

    また、正社員として入社して以降の勤務環境にも大きな問題を指摘する。

    早野弁護士週7日始発帰りといった激務が、ゆいさんの健康に深刻な影響を与えた点は、容易に想像できるものです。また、上司に毎日2時間拘束され罵声を浴びせられるなど、蓄積されたストレスも少なくはなかったことでしょう。

     

    長時間労働に関しては、一般に「過労死ライン」と呼ばれるものがあります。過労死ラインは、厚生労働省の通達「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」(平成13年12月12日基発1063号)を根拠とするもので、長時間労働における健康リスクを測る基準として広く認められています。

     

    この基準によると、疾患等の発症前の1か月間の残業時間が100時間を超過するか、発症前の2か月平均・3か月平均・4か月平均・5か月平均・6か月平均のいずれかで、1か月間の残業時間が80時間を超えると、健康上のリスクが高まるとされています。

     

    ■過労死ラインを超過か

    常軌を逸した残業時間は、過労死につながる恐れもあった。

    早野弁護士ゆいさんの場合には、週7日始発帰りとのことから、ゆうに月100時間を超える残業を行っていたものと推察され、過労死ラインの基準に該当する可能性が高いでしょう。

     

    また、精神障害の労災認定に関する厚生労働省の通達「心理的負荷による精神障害の認定基準について」(平成23年12月26日基発1226第1号)においては、精神障害を発症した労働者の発症前1か月間の残業時間がおおむね160時間以上を超えること、発症前2か月間の残業時間が、1か月あたりおおむね120時間以上であり、業務内容からその程度の残業が必要だったこと、又は発症前3か月間の残業時間が、1か月あたりおおむね100時間以上であり、業務内容からその程度の残業が必要だったことのいずれかが認められる場合には、業務による強い心理的負荷があったと基本的に認められることになっています。

     

    ゆいさんは、これらの基準に該当する長時間労働によって、心身を害したということですので、業務上の疾病として労災補償の対象となりますし、また、会社に対して安全配慮義務違反等による責任を追及できた可能性が高いでしょう。

     

    なお、日本リーガネットワークは、今月31日まで、新たに「ブラック企業エピソード」を募集している。

    ・合わせて読みたい→社員を罵倒して追い込み、辞めると「精神疾患扱い」のブラック企業 弁護士が一刀両断

    (取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/日本リーガルネットワーク

    「内定者インターン」から「週7始発帰り」の地獄へ 他人ごとではないブラック就活の罠


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「内定者インターン」から「週7始発帰り」の地獄へ 他人ごとではないブラック就活の罠】の続きを読む


    Image Source/Stockbyte/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    多くの会社が12時に休憩を開始するため、飲食店は一気に混雑する。外食を諦めてコンビニに寄ると、そこでも長蛇の列のレジが待っているのだ。

     

    ■12時の休憩は3人に1人が…

    しらべぇ編集部では全国20〜60代会社員・公務員の男女657名を対象に、「職場の休憩時間について」の調査を実施。

    12時にみんなで昼休憩に行く習慣はやめたほうがいいグラフ

    12時にみんなが休憩に行く習慣は、やめたほうがいいと思う」と答えた人は全体で33.6%と、3人に1人はいるようだ。

     

    ■飲食店が混みすぎて…

    性年代別では、30代男性が一番多い割合である。

    12時にみんなで昼休憩に行く習慣はやめたほうがいい性年代別グラフ

    また、女性では40代から50代の女性が高くなっている。12時に休憩に行くデメリットは、やはりどこも混んでいるところだろう。

    「社員食堂が混むので、あまりゆっくりできないのがちょっと…。せっかくの休憩なのに」(30代・男性)

     

    一気に忙しくなるので、お店の店員を気遣う声も。

    「とにかく周辺の飲食店はどこに行っても混んでいるので、店員さんが大変そう」(40代・女性)


    ■14時に休憩に行く人も

    12時に休憩しない会社は、どのようなシステムを取っているのだろうか。

    「以前はシフト制の職場で働いていたので、休憩も出勤した順に取るのが慣習だった。今の会社ではみんなと一緒に休憩ができるので、コミュニケーションが取れている感じがする」(20代・女性)

     

    休憩の時間を、自分で決める会社もある。

    「うちの会社は、各自が好きな時間に休憩を取ればいいようになっている。みんな12時はお店が混むから避けていて、午後2時くらいに出ていく人も」(30代・男性)

     

    ■おじさんたちが群れて…

    本当は一緒に休憩に行くのが嫌なのに、我慢して付き合っている人も多いだろう。

    「うちの部署は12時になると、みんなで会社のビルのカフェに行ってコーヒーを飲む。8人くらいで席取りをしようとするから、先にいたお客さんがいつも気を遣ってくれて申し訳ない。

     

    そこからみんなで昼食を食べにいくのがいつものコースだけど、正直言って自分でも『おじさんが群れるな』と思う。同調圧力に屈しているけど、今すぐにでも逃げ出したい」(30代・男性)

     

    上司に気を遣って、本当の休憩になっていない人もたくさんいそうだ。

    ・合わせて読みたい→「職場の昼休憩が苦手」と語る女性 気まずい会社の空気に同情の声が相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年10月19日2018年10月22日
    対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

    「12時にみんなで休憩」ってシステムはどうなの? 「おじさんが群れるな」との批判も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「12時にみんなで休憩」ってシステムはどうなの? 「おじさんが群れるな」との批判も】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/15(土)11:00:58 ID:TlB

    どうおもう?


    【1食700円くらいかけてるんやが高い?】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/15(土)10:22:20 ID:ycT

    真の陽キャのワイはむらびと使い


    【スマブラで使うキャラで陽キャか陰キャか分かる】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    月のワルツ

    (出典 Youtube)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/08/12(日) 02:08:10.109 ID:llLcRNUL0.net

    あと一曲は?


    【三大「みんなのうた」と聞いて思い出すタイトル「月のワルツ」「メトロポリタンミュージアム」】の続きを読む




    声優の演技が不自然

    ここ最近のアニメ業界の爆発的な勢いには、声優の貢献が大きいように思える。ただ、アニメ界の巨匠・宮崎駿氏は過去に、「特に女の子の声なんかみんな、『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す」と声優の演技に対する違和感を口にしており、宮崎氏同様、声優の演技に違和感を覚えているアニメ視聴者もいるようだ。

    はてな匿名ダイアリーに今月、「アニメが嫌いなのは声優の演技がうざいから」というエントリーが寄せられ、投稿者は、

    「過剰演出すぎて邪魔くせえ。あのいかにも『演技してます』って感じのコテコテの演技やめろよと思う。もっと自然な演技してほしい」

    と、声優への不満を語った。(文:石川祐介)


    「男女すごくテンプレ演技の人が多いなあとは思う」

    この投稿に対しては、「過剰で白々しい声優のあれなんとかならんの?」、「媚びた声やカッコつけた声、子供っぽい怒り、空疎な笑い声、どれも幼くてバカバカしくて感情移入できない」と共感するコメントが寄せられた。

    また、声優の演技がパターン化してしまっていると指摘する声も散見された。

    「男女すごくテンプレ演技の人が多いなあとは思う」
    アニメの感情表現そのものがテンプレ化しているとは思わないのか?アニメはみんなアニメ臭い」

    テンプレ化した演技や感情表現のせいで、"キャラクターが喋っている"という感覚に浸れていない人は少なくなさそうだ。

    「絵や動きがリアル系なら普通の演技でも良いのかもしれないけどさ、絵や動きがデフォルメなのに普通の声だと変じゃない?」
    「自然な演技というのは自然な会話に聞こえるように意図して演出された台本あってのモノ」

    一方で、過剰に感じられる演技は映像や台本に合わせるためのものであると言う人もいた。他にも、「露骨じゃないと棒って言われちゃうから」と演技力に難癖つけられないように、あえて盛って演じているのではという声も見られた。


    「自然な演技ってなんだろう?」と疑問の声も

    コメント欄には「自然な演技ってなんだろう?」「『自然な演技を』と言うのなら、どういうのが自然なのか方向性を示して欲しい」といった意見も出ていた。声優に自然な演技を求める人は、自分がどういった演技を欲しているのか明確に理解していないのかもしれない。

    ちなみに、「個人的にはドラマの俳優の方がうざい」、「ドラマが嫌いなのは俳優の演技がうざいから。あんなコテコテの喋り方でオーバーアクション居たらうざい」など、俳優の演技のダメ出しも多く寄せられていた。演技批判をする人は一定数存在するようで、演者はどこにいっても演技に関する批判にさらされる職業なのだろう。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「アニメの声優はもっと自然な演技をして」に賛否の声 「アニメの絵や動きに合わせている」という反論も】の続きを読む

    このページのトップヘ