「母親同伴でゲームの世界を大冒険」という異色な設定で話題のライトノベル『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』(ファンタジア文庫刊)が、6巻発売を記念して特別動画「もしもしお母さん」を期間限定で公開。優しいお母さん・大好真々子(CV.茅野愛衣)がテレビ電話でいっぱい甘えさせてくれるという内容だ。

【大きい画像を見る】『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット


同作は、「第29回ファンタジア大賞」の大賞を受賞するや否や、その設定や真々子のキャラクターが話題を呼ぶ異色の異世界転生ライトノベル。
これまでゲーム化、フィギュア化、コミカライズ化と注目を集め続けてきたが、今度は毎日忙しくしている“息子”を心配して、真々子がテレビ電話をかけてくれるという特別動画「もしもしお母さん」が公開された。 

動画は、茅野愛衣の演じる真々子が「ちゃんとご飯を食べてる?」「頑張り屋さんはいい子いい子してあげる!」と画面越しに甘やかせてくれるという、ファン必見の内容。また、縦型で制作されているため、スマホで視聴するとより真々子が身近に感じられるのも嬉しい。

特別動画「もしもしお母さん」の公開期間は、11月16日まで。【ほかの画像を見る】『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット
『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット


(出典 news.nicovideo.jp)

PJ ライトノベル ポータル 文学 『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』(つうじょうこうげきがぜんたいこうげきでにかいこうげきのおかあさんはすきですか?)は著:井中だちま、イラスト:飯田ぽち。によるライトノベル。第29回ファンタジア大賞の「大賞」受賞作。テーマは「親と子の問題」。
91キロバイト (14,462 語) - 2018年8月19日 (日) 13:46


好きな人は好きなんだろうな・・・

<このニュースへのネットの反応>

これはひく


ちょっと気になる


ママァ…


茅野さん…こんなところでママの練習しなくても…


松岡禎丞のママじゃん


この画って飯田ぽち。さんかな?


ほんとすこ


画面を見ずに茅野にバブみを感じる上級者の戯れ


たまにはお母さん(本物)にもちゃんと電話しろよ


(おねショタ派なんでママショタには興味)ないです


めぐねぇ、モカねぇ だからな、ピッタリ。


とか言ってバブ味感じちゃうんでしょ^~


とか言ってバブ味感じちゃうんでしょ^~


さすが日本。


常時アヘ顔なんすか


こう言うの子供の頃にヒーローに電話するのとかあったの思い出した