お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    学校



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2019/01/26(土)08:23:01 ID:pzs

    温かい言葉待ってるで


    【【悲報】留年が決定したワイを激励してくれ!!】の続きを読む


    代替テキスト

    米インディアナ州にあるコミュニティスクールの校長が23日に逮捕された。両親のいない生徒の病気を治療するため、違法行為を行ってしまったというのだ。

    NBC NEWSによると、エルウッド・コミュニティスクールの校長キャシー・スミザーマンは今月9日、「喉が痛い」と学校を休んだ15歳の男子生徒を救急センターに連れて行った。連鎖球菌性咽頭炎の可能性があったためだ。しかし、彼女は生徒の保護者ではないため、治療を拒否されてしまったという。そこで彼女は生徒を連れ聖ヴィンセント病院へ移動。自身の息子の名前を生徒に名乗らせ、そして自身の保険を使って生徒を診察してもらった。地方検事はNBC NEWSに、スミザーマンの一連の行為が保険詐欺、個人情報詐称、保険申請詐欺にあたると話す。

    この生徒は両親がおらず、親戚の世話になっているという。宣誓供述書によると、スミザーマンは以前からこの生徒を気に掛けており、服を買い与えたり、部屋を掃除したりと、他のクラスメイトと同様の学生生活を送れるよう手助けしていたそうだ。一見、特別待遇ではないかと勘ぐってしまうが、この学校に通う生徒の75%は、貧困の指標である無料、または定額の給食を受ける資格があると地元紙The Herald Bulletinは報じている。スミザーマンと学校職員は、日ごろから生徒の私生活にまで気を配り、床に寝ていた生徒にはベッドを与え、石鹸を持っていなかった生徒にはバスグッズを提供するなどしていたという。

    スミザーマンは500ドルの保釈金を払い、現在は保釈されている。地方検事は、「実刑にはならず、罰金と奉仕活動が課されるでしょう」とコメント

    エルウッド・コミュニティスクールは24日、「スミザーマンは不幸な過ちをおかしました。私どもは、彼女のこの行動が子どもの健康を危惧してのものだったと理解しています。彼女も間違ったことをしたとわかっています。私どもは彼女をサポートし続けてまいります」との声明をThe Herald Bulletinで発表した。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【生徒を助けるため…自分の保険を使った校長が逮捕される】の続きを読む



    (出典 pic1.homemate-research.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2019/01/14(月)01:09:42 ID:1Eu

    ここ知ってるやつ誰か情報くれ!
    http://hikari-gakuen.com/daini/


    【【ロリ〇ン】ワイ、ここで働きたくて咽び泣く】の続きを読む


    教室に子供(paylessimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    2015年11月鹿児島県内に住む中学1年の男子生徒が自殺。その原因とされた教師の「誤解」と「指導」に、ネットからは怒りの声があがっている。

     

    ■「責任とれるのか」と叱責

    同県奄美市の市立中学1年の男子生徒(当時13歳)が自殺し、原因などを調べていた同市の第三者調査委員会は9日、報告書を提出。生徒をいじめの加害者と思い込んだ男性担任教諭が不適切な指導を行ったため、生徒が自殺に追い込まれたと認定した。

    報告書によると、男子生徒は15年11月4日同級生に嫌がらせをしたとして、他の生徒4人とともに担任から「(同級生が)学校に来られなくなったら責任をとれるのか」などと叱責されたいう。

    しかし実際は、生徒が発した方言が悪口のように誤解されただけで、第三者委が「いじめとは到底いえない」とする内容に過ぎなかったそうだ。

     

    ■「誰にでも失敗はある」

    生徒は約2カ月前にも担任から同じ内容で謝罪を強いられたが、いじめを受けた同級生を遊びに誘うなど気遣っていたとされている。さらに、一連の指導に「意味が分からん」と周囲に不満を述べていたという。

    そして一番のきっかけは、事前の連絡なしに行われた家庭訪問だとされている。そこで、生徒にかけたとされる「誰にでも失敗はある」との言葉で、自分の気遣いなどが否定されたように感じたのだろうと、報告書で指摘された。


    ■「先生は裁判官じゃない」と怒号

    誤解をし、そのうえで生徒を追い詰めたこの教師に、ネットからは「絶望的な気持ち」「先生は裁判官じゃない」と怒りの声が多くあがっている。

    ・担任も一緒になっていじめてたんじゃないのか、と思えるレベル。そんな勘違いなんてあり得るのかな

     

    ・罪なのに、やったんだろと決め付けられ、誰も信じてくれる人がいなかったら、誰だって絶望的な気持ちになりますよね

     

    ・先生は裁判官じゃないよ。相手は子供なのに、結局根拠のないことで責めたということ

     

    ・「いじめ」=「誰が悪い」=犯人捜し…じゃない。日常から「いじめ」は見え隠れしている。もう少し、生徒の中に入れる教員なら見抜けたと思う

     

    ■自殺を考えた人の割合は…

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「自殺」について調査したところ、20〜30代の3人に1人が「本気で自殺を考えたことがある」と回答した。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    たった一つの誤解が、最悪の展開を招いてしまった今回の事件。教師1人の責任を追求する声も多い一方、「過酷な労働環境が生んだ事件」と社会全体の問題だとする声もあがった。

    なぜこのような顛末を迎えたのか、広い視野で捉えていく必要があるのかもしれない。亡くなられた男子生徒のご冥福を祈りたい。

    ・合わせて読みたい→水かけられズボン脱がされても「いじめ」否定 中3自殺、第三者委の判断に批判殺到

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年3月24日2017年3月26日
    対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

    教師の「誤解」で中1男子が自殺 「死に追い詰めた言葉」に怒りの声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【教師の「誤解」で中1男子が自殺 「死に追い詰めた言葉」に怒りの声】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/04(火)23:12:43 ID:suU

    トッモ「なんで今日お前髪の毛テカテカなん?分かりにくいギャグやめろや」

    ワイ「」


    【大学生ワイ「ワックスやジェルで髪の毛整えて陰キャ感を消すンゴ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ