お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    ニュース



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/08/22(木) 17:01:44.880

    終わった もうだめだ


    【【悲報】アマゾンが大規模炎上中】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/08/22(木) 08:47:06.79

     厚生労働省は、農業と福祉の連携による新たな就労支援モデル事業を2020年度から始める方針を固めた。
    引きこもりなどが理由で長く仕事に就いていない人に、農家で短期間の農業体験をしてもらい、
    本格的な就労のための準備を後押しする。20年度予算概算要求に関連経費約1億円を盛り込む方針だ。

     農業や農山漁村が持つ自然や人とのつながりの力を福祉分野で生*取り組みは「農福連携」と呼ばれる。
    就労していない期間が長く生活が不規則になりがちな人や、他人との接触が苦手な人が農業体験を通じ、
    生活リズムの改善やコミュニケーション能力の向上を図ることを期待している。
     モデル事業は、就労希望者を受け入れる農業事業者と、市町村などに設けられている自立相談支援機関をつなぐ
    「マッチング支援機関」を設け、都道府県単位で取り組みを進める。全国5カ所程度で進める方向で、
    マッチング支援機関は各地の農協や農業法人などを想定している。
     農福連携の取り組みはこれまで各地で進められてきたが、市町村が独自に協力先の農業事業者を確保することが一般的だった。
    モデル事業では、マッチング支援機関同士が連携することで、県域を越えた展開も可能にする。
     市町村単位ではなく、より広域での取り組みを目指す背景には、就労支援を受けることを希望する人が多く住む都市部と、
    農業体験の場である農山村が離れていることがある。都道府県単位でマッチングを図ることで、
    こうした距離の離れた地域同士の連携を進めたい考えだ。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082100607

    (出典 www.jiji.com)


    【厚労省が引きこもりの就労支援として農家や福祉業界に送り込む事業を開始 コミュニケーション能力が向上するってよ】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2019/08/20(火) 17:39:44.88

    第4回ボランティア検討委員会 開催
    2019.07.16

    (略)
    一方、大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的には自己管理としつつ、研修内で休憩の重要性を伝えるほか、水分補給のための環境づくりに努め、今夏に実施されているテストイベントにおいても活動シフトのパターンをいくつか試すなどして、本番に備えることとしました。また、食事については、弁当のほか、温かい食事の必要性も議論され、引き続き検討していくこととなりました。

    さらに、マラソンなど早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定。その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していくこととなりました。
    (略)
    https://www.volasapo.tokyo/column/2020/840/


    【【狂気】ボランティアは終電で現地入り、寝る場所は?→寝かせる気がないと判明】の続きを読む



    【【画像】ガラケー女、喜本奈津子の高校卒アルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    子連れ入店禁止のカフェ「バカなの?」と激怒する友人ママに厳しい声



    女(SB/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

    子供がいると、行動範囲がなにかと制限されがち。入店・入場を断られる場合もあり、中にはブチギレてしまう親も……。

    女性向け掲示板ガールズちゃんねる」のトピックが注目を集めている。

    ■子連れ入店禁止のカフェに激怒

    投稿者によると、小学生の子供がいる友人が、近所のカフェに不満を漏らしていたという。その内容は「いい雰囲気のコーヒー屋さんがあったから入ろうと思ったら、子供一緒は無理だと入り口に書いてあった」というもので、友人は「家族連れが多く住んでる地域なのになんで?! バカなの? せっかくの客なのに!」 と怒っていたそうだ。

    これに対し、投稿者は「家族連れが多い地域だとなおさら子供に邪魔されない空間は大切」と感じ、カフェの運営方針にも「全く不思議でない」と感じたと綴る。

    そして、「独身でも既婚でも社会に出て働いていると癒される時間は必要」と持論を述べたうえで、「そこに子供は遠慮して欲しいという大人は多いと思うのですが」「私が冷たいのでしょうか」と他のネットユーザーに投げかけたのだった。

    関連記事:連れてくんなよ! 女子会に子連れできた人の最悪行動3選

    ■「どんな店にするかは店の自由」

    投稿者の主張に対し、他のネットユーザーからは「どんな店にするかは店の自由」「お客様は神様じゃない」などのコメントが寄せられることに。

    「友人さん、ちょっとあれだね。『お客様は神様です』を勘違いしてるっぽい?」

    「行きつけの日帰り立ち寄り温泉もそうしてもらいたいわ! 子供がいるとあまり落ち着かないのよね! これからそーゆーお店がもっと増えればいいのにね」

    「結局、親が子供をきちんと監督できなくて店の雰囲気悪くするからこういうお断りの店ができる」

    「子供もいて明るい雰囲気にしたいのか、静かで落ち着ける空間にしたいのかはお店が決めることだよね。年齢制限は悪いことじゃないと思う」


    ■「排除されたと思うのかも」

    しかし、一方では「上から目線と言うより、排除されたって思うのかも」「誰でも自分が排除されるのは嫌だと思う」など、入店を拒否され怒った友人に一定の理解を示す人も。

    怒るかどうかはその人の人格次第であるものの、断られたという事実にショックを受けてしまう人は一定数いるのかもしれない。

    ■「日本は子育てしやすい国」は3割未満

    子育てには、周囲の理解やサポートが不可欠。だからこそ、それらを得られなかったときに不満を感じてしまう。

    しらべぇ編集部は、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査を実施。その結果、全体の27.0%が「日本は子育てしやすい国だと思う」と回答した。

    子育て

    カフェ入店を断られて怒った友人は、もしかすると日頃から子育てのしにくさを感じており、その流れでカフェにも腹を立ててしまったのだろうか。

    ・合わせて読みたい→いつも通っていた飲食店で突然の入店拒否 「車椅子で生活するようになって…」

    (文/しらべぇ編集部・倉本薫子

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

    子連れ入店禁止のカフェ 「バカなの?」と激怒する友人ママに厳しい声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【子連れ入店禁止のカフェ「バカなの?」と激怒する友人ママに厳しい声】の続きを読む

    このページのトップヘ