お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    テレビ


     9月2日から放送がスタートした『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で、平成ライダーシリーズ20作品に。これを記念して「東映特撮」のYouTube公式チャンネルでは、歴代19作品の1話・2話が開されたのだが、ファンからは「残酷なことをしやがる……」と同情のが上がっていた。

     19作品がYouTube開されるということは、作品の人気度が“視聴回数”で可視化されてしまうということ。実際にチャンネル内の動画を見てみると、想像以上に数字の開きが出てしまっている。

     さっそく9月6日時点での第1話視聴回数を、ランキング形式で見ていこう。まずベスト5は、第5位『仮面ライダーウィザード45万回再生)』、第4位『仮面ライダーオーズ/OOO49万回再生)』、第3位『仮面ライダーディケイド52万回再生)』、第2位仮面ライダーW58万回再生)』、第1位仮面ライダー電王71万回再生)』という結果に。佐藤健演の『仮面ライダー電王71万回再生)』が、2位に大差をつける視聴回数を記録した。

    仮面ライダー電王』は、歴代シリーズの中でも異例の“電車”に乗る仮面ライダー未来からの侵略者「イマジン」と戦いを繰り広げる話だが、“モモタロスCV関俊彦)”など味方につくイマジンもいて人気キャラに。「、参上!!」といったキャッチー台詞も印的だった。また演の佐藤が、連続テレビ小説『半分、い。』(NHK)や『義母と娘のブルース』(TBS系)などで大活躍していることも追いになったのかもしれない。

     一方でワースト5は、第15位『仮面ライダーブレイド(15万回再生)』、第16位『仮面ライダー龍騎(12万回再生)』、第17位『仮面ライダーゴースト(10万回再生)』、第18位『仮面ライダー響鬼(7.5万回再生)』、第19位『仮面ライダーカブト(5.8万回再生)』。最下位の『仮面ライダーカブト』に至っては、『仮面ライダー電王』の1割にも満たない視聴回数だ。

     意外な結果に驚いたファンも多いようで、ネット上では「カブトめっちゃ格好いいのに…… こんな不人気だったんだ」「『カブト』は主人公水嶋ヒロなのに最下位ってマジ?」「『龍騎』は子どもの頃めっちゃ流行ってたような気がするけどこんな低いの?」「『ブレイド』は某ネット掲示板大人気だったのに弱くね? やっぱキッズの支持を集めないとだめなんだな」といったが上がっている。

     19作品の動画開で、“本当の”人気が露呈してしまった平成ライダーたち。絶賛放送中の『仮面ライダージオウ』には歴代ライダーも出るとのことだが、しっかりアピールして人気を集めてもらいたい。

    仮面ライダージオウ 公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 xn--eckwc5f4c962q0ba7911anp8d.com)


    やっぱ電王つよいな~
    佐藤健の効果か・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【公式が“不人気ライダー”を公開処刑!?】の続きを読む



    今年で32を迎える『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系、以下『27時間テレビ』)が、今週末の、9月8日(土)~9日(日)に放送される。ビートたけし村上信五が進行役となり、「にほんの食」に向き合う内容だという。

    もともと27時間テレビは、日本テレビ系24時間テレビ』のアンチテーゼとして始まり、過去には24時間マラソン同様、マラソン企画があったことも。バラエティの色が濃い構成だったが、昨年、そのスタイルを一新。「学び、笑い、楽しむ」エンターテインメントとして、”にほんのれきし”をテーマにした長編特別番組を放送した。変わったのは構成だけではない。放送時期もこれまでの7月から9月に変更、また生放送中心から収録中心となった。

    そして一新から2年となる今年のテーマは、「にほん人は何を食べてきたのか?」。醤油はなぜ日本一調味料になったのか? すし、そば、うどん日本ソウルフードはどのように生まれたのか? など、にほんの「食」を楽しみながら学ぶ企画となっている。

    昨年、番組構成の大幅刷新が発表されたときにも疑問のが噴出したが、今年も同様。SNSには、録画放送を延々と27時間ぶっつづけで流すことの意味がわからないというが多数見受けられるほか、教養バラエティということであれば、普通に見やすい時間に2時間程度の特番でやってほしいといった意見も。

    ちなみに今年は、深夜の新企画として『飯テロ-1グランプリ』なるものが用意されているとのこと。いつもグルメテレビっている”テレビ軍”と、ネットなどでおいしいものを発信している”ネット軍”に分かれ、チーム対抗で得点を競い合うという。ネット名人テレビに出演することで、ネット上も少しは盛り上がる…のかも。

    賀 太)

    ■関連リンク
    FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか? – フジテレビ
    https://www.fujitv.co.jp/27h/
    話術と動画だけで…テレビ軍vsネット軍 村上信五食欲を刺したのは…?
    https://www.fujitv.co.jp/muscat/20180546.html

    深夜放送が少なく、ネットが今ほど発達していない時代には27時間放送もありがたがられたものだが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです(『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』公式サイトより)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.cyzo.com)


    大分迷走してる感じがしますね(笑)

    <このニュースへのネットの反応>

    【フジ27時間テレビ「何の意味が…」困惑の声多数】の続きを読む


    【テレビ】『24時間テレビ』に「偽善」障害者チャレンジに疑問も


    24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(にじゅうよじかんテレビ あいはちきゅうをすくう、英: 24HOUR TELEVISION "LOVE SAVES THE EARTH")は、1978年から毎年8月下旬の土曜から日曜にかけて生放送されている日本のチャリティー番組である。通称『24時間テレビ』、『24HTV』。
    147キロバイト (14,705 語) - 2018年8月25日 (土) 10:46


    一回も感動したことないなー

    日本テレビ系の夏の名物番組『24時間テレビ』。「愛は地球を救う」をテーマに、さまざまな感動企画が放送されるが、ネット上では批判的な意見が寄せられることも多い。

    ■「感動の押し売り」と批判も

    今年のみやぞん161.55kmのトライアスロンをはじめ、過酷な企画に「お涙頂戴」「感動の押し売り」と揶揄されることも少なくない同番組。

    高額ギャラ報道なども相まって、「偽善番組」「何のためにやっているのか」と批判の声があがっている。




    ■そもそも感動しない?

    批判の声が相次ぐ同番組だが、そもそも感動している人はいるのだろうか。

    しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,136名に調査したところ、「感動したことがある」と回答したのは15.0%。6割以上が「感動したことがない」と答えている。


    ■障害者とのチャレンジに疑問も…

    また、同番組といえば、体が不自由な方々とタレントたちが協力する企画も人気のひとつ。公式ツイッターによれば、今年は「イッテQ温泉同好会でおなじみの女芸人軍団と女優・木村佳乃が、ろう学校に通う小学生14名と共にヲタ芸に挑戦!」という企画だ。

    こういったチャレンジに、「感動をもらえた」という声もある一方で、「なぜやるのか」「意味がわからない」という批判もある。

    そこで、編集部がツイッターユーザー331名に「障害者たちのチャレンジ企画」について調査したところ、「勇気をもらった」と答えたのは1割程度。


    多くの人は「勇気をもらったことはない」「興味がない」と考えているようだ。

    批判の声が相次ぐ『24時間テレビ』だが、視聴者に感動が届いていないことは受け止めなければいけないだろう。

    ・合わせて読みたい→『24時間テレビ』みやぞんのトライアスロンはかわいそう? 「走る意味がわからない」

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】方法:Twitter調査
    調査期間:2018年8月22日〜8月23日/8月23日〜8月24日
    対象:Twitterユーザー男女1,136名/331名(有効回答数)

    『24時間テレビ』に「感動しない」「偽善」の声 障害者チャレンジに疑問も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【テレビ】『24時間テレビ』に「偽善」障害者チャレンジに疑問も】の続きを読む


    T.M.Revolutionの西川貴教(47)が、19日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)にゲスト出演し、日本のクレーム文化について語る場面があった。

    視聴者の疑問を紹介するコーナーで、佐々木恭子アナウンサーが32歳女性の投稿「洋服屋の店員に多いのですが、高い声で『いらっしゃいませ~、ご覧下さ~い』と言っている光景がなぜか鼻につきます。私だけでしょうか?」を読み上げた。

    これを聞いた西川は、「なんかもう……すごいな」「そんなことにいきり立ってたら生きてられへん」と苦笑い。2歳児を見つけて脚光を浴びているボランティアの男性が、発見時に飴玉をあげたことに対してネット上で批判の声があったと言い、右手の拳を振り上げる仕草を見せながら、「なんかもうこんなんでしょ? 『誰かいないか』みたいに。すごい。おかしいって」と呆れた。

    この日、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)は体調不良のため欠席。番組冒頭、西川は何かと批判が多い世間を「全員こんな感じじゃないですか? バット持って『どいつ殴ったろうかな?』みたいな」と例え、松本の不在を残念がりながら、同番組には覚悟を持って臨んでいることを明かしていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    西川 (にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。単独での所属事務所はディーゼルコーポレーションで、自らが代表取締役を務める。マネージメントの業務提
    56キロバイト (7,077 語) - 2018年8月15日 (水) 03:51


    自分もクレーマーにならないように気をつけていこう・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】TMR西川貴教「なんかもう…すごいな」】の続きを読む



    (出典 www.mag2.com)


    最近、心霊番組減って悲しいな・・・

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/08/16(木) 02:40:46.005 ID:r0LAPKA1a.net

    地面から子供がふわーって沸いて
    女の子の両足をつかんで上見るやつ
    あれヤバすぎだろ
    あんなのテレビで流したらアカンよ


    【【テレビ】昨日の心霊番組の幽霊動画ヤバイのいっぱいあったよね?】の続きを読む

    このページのトップヘ