お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    訃報


    樹木 希林(きき きりん、1943年1月15日 - 2018年9月15日)は、日本の女優。戸籍名、内田 啓子、旧姓:中谷。また、旧芸名は悠木 千帆(ゆうき ちほ、(初代)。東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)出身。 夫はロック歌手の内田裕也。間に娘・内田也哉子(エッセイスト、本木雅弘夫人)がいる。夫の内田とは長く別居を続けていた。
    46キロバイト (5,251 語) - 2018年9月16日 (日) 12:25



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    ご冥福をお祈りいたします。

    1 名無しさん@おーぷん :2018/09/16(日)16:36:26 ID:BsI

    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1041227802870087680
    テレ朝news


    【【訃報】女優・樹木希林(きききりん)さん死去】の続きを読む


    さくら ももこ(1965年5月8日 - 2018年8月15日)は、日本の漫画家、作詞家、脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。静岡県静岡市清水区(旧:清水市)出身。血液型はA型。身長159cm。一男の母親。
    25キロバイト (3,100 語) - 2018年8月27日 (月) 11:54



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/08/27(月) 20:45:41.55

    2018/08/27
    https://lineblog.me/sakuramomoko/archives/67300025.html
    さくらプロダクションからお知らせです。

    2018/08/27 19:30

    さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

    これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

    さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

    「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

    作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

    これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

    なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

    さくらプロダクションスタッフ一同

    平成30年8月27日

    ★1=2018/08/27(月) 19:36:05.29

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535368632/


    【【訃報】漫画家のさくらももこさん永眠】の続きを読む


     病気療養中だったアニメーターの阿部邦博さんが8月15日に50歳で亡くなったことを、娘でアニメーターの愛由美さんと妻の美佐緒さんがTwitterで報告しました。

    【その他の画像】

     「元々体が弱く随分前から覚悟はしていました」という愛由美さんは、「アニメーターとしてしか生きられなかった父が疎ましくもあり羨ましくもあり、でも確かにわかるのは父の絵が大好きだということでした」と尊敬する父への気持ちを告白。7月の誕生日にもらった最後のプレゼントだというガンダムが描かれた色紙を公開し、「大切にします」とツイートしました。

     邦博さんの訃報を受け、多くの同業者がお悔やみの言葉を続々とSNSに投稿。かねて親交があり「機動戦士Zガンダム」では邦博さんとともに仕事をしたアニメーターの仲盛文さんは「凄腕の作画マンでした。亡くなってしまいとても寂しいです」と悲しみをつづり、アニメーターの河野悦隆さんも「タク。楽しかったよ。ありがとう」と感謝の気持ちを投稿。アニメ監督の松尾衡さんは闘病中の邦洋さんと仕事をしたときのことを思い、「打ち合わせでお会いしたときは、ある程度回復したのかと思っていました。上がりも凄かったし」と振り返りました。

     妻の美佐緒さんは、そういった邦博さんをたたえる声をリツイートしつつ、「体調が崩れ始めてから十数年、作打ちも電話だったり、打ち上げにも出れず、謎のアニメーターになってるだろうと…でも私が思ってた何十倍も愛され評価されてて、とても嬉しい」と胸中を吐露。一方で、「アニメーターだから早死にとか、そういうのはやめて欲しいね。好きに、自由に生きて、その結果そういう人生だった」と誤解が広まらないよう呼びかけています。

     アニメファンだけではなく、多くのアニメーターやアニメ監督からも、その実力を認められていた邦博さん。「アップルシード」や「吸血鬼 美夕」「新機動戦記ガンダムW」「少女革命ウテナ」「アキハバラ電脳組」「ねこぢる草」「機動戦士ガンダムSEED」「スチームボーイ」「機動戦士Zガンダム」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「龍の歯医者」など、名だたる名作を多数手掛けてきたこともあり、凄腕アニメーターの死にファンの間では悲しみが広がっています。

    邦博さんからの最後のプレゼントであるガンダムが描かれた色紙


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.suruga-ya.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【訃報】阿部邦博さんが死去「機動戦士ガンダムUC」「少女革命ウテナ」など手掛ける】の続きを読む


     声優の石塚運昇(いしづか・うんしょう)さんが、食道がんのため13日に亡くなった。67歳(享年68)。17日、所属事務所が書面を通じ伝えた。石塚さんはアニメ『ポケットモンスター』のオーキド博士役やナレーションなどで知られる。

    石塚運昇さんのプロフィール

     事務所は「食道癌のためかねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と訃報を伝えた。

     通夜・告別式は親族のみで執り行った。お別れの会の開催については遺族の意向もあるとし、後日改めて報告する。

     石塚さんは「ポケットモンスター」シリーズで、オーキド博士役やナレーションのほか、多くのポケモンの声を担当。アニメ『カウボーイ・ビバップ』のジェット・ブラック役、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のジョセフ・ジョースター役などでも知られる。
    声優・石塚運昇さんが死去


    (出典 news.nicovideo.jp)

    石塚 (いしづか うんしょう、本名読みは いしづか ゆきのり、1951年5月16日 - 2018年8月13日)は、日本の男性声優、俳優、ナレーター、演出家。青二プロダクション所属。福井県勝山市出身。既婚者。血液型はA型。 主に朗読指導を行う「石塚運昇 リーディングカンパニー」主催。参加者による
    112キロバイト (10,627 語) - 2018年8月17日 (金) 04:40


    直ぐにどんな声だったのか思いだせます・・・
    悲しいなぁ・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【訃報】声優・石塚運昇さん死去 67歳 「ポケモン」オーキド博士役など】の続きを読む

    このページのトップヘ