お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    子供


     こんにちは! てんもんたまごです。ねとらぼではライターのお仕事をしていますが、実はライター仕事以外にも科学実験教室アルバイトも続けています。

    【その他の画像】

     科学実験教室というのは、小学生向けの習い事の一つです。小学校高校(まれに大学)の科学にまつわる実験を実際に行います。私のバイト先では、低学年ではアルコールランプを使って油からろうそくを作ったり、高学年ではや眼球の解剖をしたりさまざまな気体発生を行ったりもします。

     そんな中でアルバイトは、実験具の準備をしたり、小学生たちの実験を手伝ったり、質問をどんどん聞いて理解や実験を進めやすくしています。その実験教室でのバイトも気が付くともう4年に入っていましたが、今回はバイトを始めて1カくらいの頃のエピソードです。

    息子に失敗させないで」というクレーム

     「私の息子に失敗させないで!! お金払ってるんだから、教室での実験は絶対に成功させてよ!」という、生徒の親からのクレーム漫画参照)。

     もちろん小学生にできないような手順はカリキラムにありませんし、「小学生レベル実験で難しいことってあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外なことが一人の子どもにとっては苦手だったりします。

     低学年でコインを回すための「デコピン」ができずに泣き出してしまった子がいましたし、何度かアルコールランプを使っていても火が怖いという子もいます。高学年でもをねじったことがなくて、こよりの作り方がわからない子がいたりもしました。

     これらは決して「現代っ子はうんぬん」という話ではなく、ピンポイントでやったことがない経験があったりたまたま苦手だったりというだけなのです。

     また、実験自体はうまくいっても、それを見て、何を感じて、どう結果を書き残すかも子ども次第です。そのため、例えば理科の問題集に書いてあるような「模範解答」を勧めて書かせるというような導もしていません。その辺ももしかしたら当時の保護者の方と意識が食い違っていたのかもしれません。

    失敗はイケナイことなのか?

     「失敗」はにとっても嫌だし、怖いものです。オトナになると「絶対にできない失敗」も出てきますし、失敗しても顔に出さずに続けないといけない時もあります(「失敗に萎縮して失敗ループ」はモロ私の体験談です)。防げる失敗は防ぐに限りますが、「失敗しても立て直すのが上手」「失敗してもカバーできる準備が済んでいる」「失敗してもへこたれない」ようになりたいですね。

     ちなみに私は先週、油をひかずに目玉焼きを作ろうとしてアルミホイルり付いてしまうという失敗をしてしまいました。悔しかったのでそれから一週間、毎晩のように美しい目玉焼き(?)をして作っていますが、「ベーコンをひけばいいだけなのでは」と思い始めた今日この頃です。

    マンガ(1コマ目)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    凄いクレームがあるものですね・・怖い怖い

    <このニュースへのネットの反応>

    【「私の息子に失敗させないで!!」親からのクレームを受けて考えたこと】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    読めない・・・・

    1 名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)09:46:27 ID:ZpQ

    子供が可哀想や


    【【悲報】ワイの妹、子供に「紅羽琉」と名付ける模様】の続きを読む


    たとえ家族であっても、それが愛する我が子であっても油断してはならない。

    ネットショッピングで使用するサイトのアカウントなどは、自分以外は簡単にアクセスできないよう、細心の注意を払う必要がある。

    そう痛感した母親がここにいる。

    米アリゾナ州スコッツデールに住むTwitterユーザー「princess ria@R_tatas」さんのいとこのママ、つまり投稿者のおばさんである。

    まずは、投稿者のいとこにあたる少女の、これでもかと言わんばかりの「ドヤ顔」をご覧いただこう。

    My badass little cousin ordered $300 worth of toys w/o my aunt & uncle knowing. This is a picture of how everyone found out. pic.twitter.com/wHWVhsMBYI

    — princess ria (@R_tatas) 2018年8月11日

    Amazonから届いた大量の荷物。

    その横で、少女が不敵な笑みを浮かべている。

    それもそのはず。投稿によると、この日届いたのは300ドル(およそ3万3000円)相当のおもちゃだそう。

    こんなに沢山おもちゃを買ってもらえるとは、なんて幸せな子供だろう!

    そう思ったあなたは甘い甘い。

    パパもママも娘におもちゃを買った覚えなどまったくなかった。

    すべては彼女自身が勝手に親のアカウントからAmazonにアクセスし、ポチポチッと欲しいおもちゃを次々にクリックして購入してしまったのだ。

    娘の戦利品が届き、母はすべてを知った。

    She doing alright pic.twitter.com/0hL8I3hF1V
    — princess ria (@R_tatas) 2018年8月14日

    おまけに、この子はちゃっかり即日配達を頼んでいたという。

    先の投稿には7万人が「いいね」し、「だからこの表情になるわけね」「300ドルがパーとは…」「彼女はこの後、返品の仕方を学んだのでしょうか?」と人々の笑いを誘っている。

    見よ、このドヤ顔を!親のアカウントから3万円分のおもちゃを勝手に購入した女の子


    (出典 news.nicovideo.jp)

    AmazonプライムとはAmazon.comが展開する有料会員制プログラム。2005年にアメリカ合衆国でAmazonプライムサービスが立ち上げられ、2007年に日本でも開始された。プライム会員は当日配送や有料ビデオ配信など特典を受けることができる。 Amazonパントリー、Amazon
    663バイト (61 語) - 2018年8月14日 (火) 15:39


    日本でもおきてそうですね。
    このあと女の子は叱られたんだろうな・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【子供】親のアカウントから3万円分のおもちゃを勝手に購入した女の子】の続きを読む

    このページのトップヘ