お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    映画


    【元記事をコミックナタリーで読む】

    鳥山明原作による映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の公開記念イベント「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray 発売記念ブロリーナイト」が、去る12月7日に東京・新宿バルト9にて開催された。

    【大きな画像をもっと見る】

    イベントでは、伝説のサイヤ人・ブロリーが登場する過去の劇場版3作品を一挙上映。トークショーにはブロリー役の島田敏が登壇した。島田は「カカロット……まずお前から、血祭りに上げてやる!」というブロリーのセリフとともに登場。そして「ブロリーが途切れることなく支持されて、劇場版でまたフォーカスが当たるという、そんな作品は観たことがない。今日お集りのファンの皆様は、歴史の1ページの目撃者です」と会場に集まったファンに感謝を述べた。

    “最強”の存在・ブロリーにちなんで「最強だと思う身近な人物」を尋ねられた島田は、「まぎれもなく悟空役の野沢雅子さんですね」と即答。最新作「ドラゴンボール超 ブロリー」で激しいバトルシーンを繰り広げるという悟空とブロリーだが、「私はそういう(バトル)シーンをやると頭が痛くなるタイプなんです」と明かす。「3時間くらいのアフレコが終わってスタジオのロビーで伏せてたら、野沢さんが『敏、大丈夫かー?』って背中をさすってくれたんですよ。野沢さんに『頭痛くないですか?』と聞いたら『ううん、全然』って。レジェンドだわ、って思いました」と現場でのエピソードを披露した。

    続いて「ドラゴンボール超 ブロリー」の見どころを問われた島田は、「ストーリー、画、音楽」と3つのポイントを挙げる。「幼少期の悟空、ベジータ、ブロリーの物語が糸をつむぐように展開していって、今までぼやけていた部分がとてもクリアになっています」とストーリーの面白さを、「速いバトルシーンも、1コマ1コマものすごく丁寧に作ってくださっています」と画面の美しさをアピール。また三浦大知が務める主題歌「Blizzard」についても「とっても素敵です」と言及した。

    また今回のアフレコでは、過去作と同じ時代のブロリーを演じることに苦労したと言い、「歳を取った声にはできないので、過去作を何度も見て思い出しながらやったのですが、長峯(達也)監督から『もう少し若くお願いします』と言われました(笑)」と裏話を披露。そして今作でのブロリーの魅力について「サイヤ人としてのバトルはご存知の通りですが、反面ブロリーはとても繊細でピュアな青年でもあり、その2極をご覧いただきたい」と語り、トークショーを締めくくった。

    「ドラゴンボール超 ブロリー」は12月14日より全国で公開。なお、劇場版「ドラゴンボール」過去作を集めた「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray」の1巻から6巻までが現在販売中だ。2019年1月9日には7巻と8巻が発売される。

    (c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

    「DRAGON BALL THE MOVIES Blu-ray 発売記念ブロリーナイト」の様子。左からブロリー、肉襦袢を着た島田敏。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【映画「ドラゴンボール超」島田敏演じるブロリーは「とても繊細でピュアな青年」】の続きを読む


    ボヘミアンラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した、フレディ・マーキュリー作の楽曲。 アルバム『オペラ座の夜』に収録。演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままシングルカットされ(B面はロジャー・テイラー作の「アイム・
    21キロバイト (2,009 語) - 2018年11月5日 (月) 05:33



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 アルテミス@ ★ :2018/11/05(月) 17:20:24.73 ID:CAP_USER9.net

    この週末、北米で首位を獲得したのは、フレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』だった。
    公開直前には3,500万ドル強が予測されていたが、実際の売り上げは、それを大きく上回る5,000万ドル。観客の評価もAで、この後も伸びが期待できる。

    監督のブライアン・シンガーが途中でクビになり、別の監督が映画を仕上げるというスキャンダルがあっただけに(ただしシンガーは監督としてクレジットされている)、意外な成功といえる。

    2位はディズニーの『くるみ割り人形と秘密の王国』、3位はコメディ『Nobody’s Fool』、4位は『アリー/スター誕生』、5位は『ハロウィン』だった。

    文=猿渡由紀

    『ボヘミアン・ラプソディ』
    11月9日(金)全国公開

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00010000-piaeigat-movi

    (出典 i.imgur.com)


    【【映画】 北米週末興行成績、1位は『ボヘミアン・ラプソディ』】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無シネマ@上映中 :2018/09/06(木) 21:17:05.78 ID:p2Te9kFg.net

    私のすべてが壊されていく

    あなたの命も狙われる

    あなたの全てを知っている存在。
    それは家族でも恋人でもなく
    ……“スマホ”です。

    映画『スマホを落としただけなのに』公式サイト
    http://sumaho-otoshita.jp/
    https://www.toho.co.jp/movie/lineup/sumaho-otoshita.html
    映画『スマホを落としただけなのに』公式 Twitter
    https://twitter.com/sumaho_otoshita

    2018年11月2日(金) 公開

    北川景子
    千葉雄大 / バカリズム 要 潤 高橋メアリージュン 酒井健太 筧 美和子 / 原田泰造
    成田 凌 / 田中 圭

    原作:志駕 晃「スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫)
    企画プロデュース:平野 隆
    監督:中田秀夫
    脚本:大石哲也
    音楽:大間々昂 兼松 衆
    主題歌:ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」(UNIVERSAL SIGMA)
    配給:東宝
    (deleted an unsolicited ad)


    【【映画】スマホを落としただけなのに【北川景子】】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 アルテミス@ ★ :2018/10/22(月) 12:35:17.05 ID:CAP_USER9.net

    →興行収入は推計で87億円を突破-調査会社コムスコア

    →ジョン・カーペンター監督による1978年の同名映画から40年


    週末の北米映画興行収入ランキングで、「ハロウィン(原題)」が初登場1位となった。ジョン・カーペンター監督による1978年の同名映画から40年を経て封切られたこの作品は、ホラー映画ファンに熱狂的に迎えられた。

    調査会社コムスコアが電子メールで21日発表した推計値によれば、ハロウィンの興行収入は7750万ドル(約87億1000万円)。ブルームハウス・プロダクションズが制作し、コムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズが配給した。

    これまでのホラー映画のオープニング記録(週末ベース)は、2009年の「13日の金曜日」リメイク版で4060万ドルだった。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-22/PGZ4IR6KLVRA01


    (出典 i.imgur.com)


    【【映画】 「ハロウィン」1位、ホラー映画オープニング記録塗り替え】の続きを読む



    【【悲報】映画『若おかみは小学生』の舞台挨拶、地獄絵図】の続きを読む

    このページのトップヘ