お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    ライトノベル


    三億円事件(さんおくえんじけん)は、東京都府中市で1968年12月10日に発生した、窃盗事件である。三億強奪事件ともいわれる。1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となった。 日本犯罪史において最も有名な犯罪の一つにも数えられ、「劇場型犯罪」でありながら完全犯罪を成し遂
    65キロバイト (9,551 語) - 2018年10月2日 (火) 10:59



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/10/02(火) 23:08:14.41 ID:4TlHvU2X0.net BE:323057825-PLT(12000)


    (出典 img.5ch.net)

    戦後最大のミステリーとも言われる「三億円事件」の犯人を自称する人物が、手記を公開したことが話題を呼んでいる。

    掲載されているのは、小説投稿サイト「小説家になろう」だ。本当に犯人なのか、それともよくできたフィクションなのか。ネット上ではさまざまな意見が出ている。

    ■投稿された手記は?
    投稿された手記は「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」というタイトルだ。8月8日に「真相の告白」という項目から始まり、72の項目に分かれて投稿。9月23日に完結した。著者名は「白田(しろた)」となっている。

    手記内の説明によると、著者は孫もいる老人。長年連れ添っていた妻が69歳で他界し、葬儀を終えたあとに、一人息子に三億円事件の真相を告白したところ、「これを世の中に発表しよう」と言われた。
    マスコミに発表することを考えていたが、諸事情で断念。息子が見つけた「小説家になろう」に投稿することを決めたのだという。

    ■ネット上の反応は?
    この手記について、本当に犯人が書いたものなのか、精巧なフィクションなのか議論が沸騰している。老人にしては文体が若すぎるという声もある一方で、「内容がガチっぽ過ぎて本人としか思えない」という反応もある。

    一方で、仮にフィクションだとしても「すごく読ませる文章で、ウェブ小説にしておくには勿体ない」という声や、「本当かどうかはわからないけど夢中で読んでしまった」と評価する声も出ている。

    三億円事件の発生から12月10日で50年を迎えるが「謎の手記」に注目が集まりそうだ。

    三億円事件の犯人?それとも創作? 「小説家になろう」の投稿で議論沸騰
    https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/02/sanokuenjiken-narou_a_23548030/



    府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
    https://ncode.syo setu.com/n9064ex/


    【「三億円事件を実行したのは私です」 小説家になろうに投稿された自称犯人の告白文が話題に】の続きを読む



    (出典 www.jalan.net)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)00:14:31 ID:V7W

    あるところで魚がびっちびち跳ねてた……
    「うおおなんだなんだ」
    アッシュがフィッシュ見てると……
    やがて体力がなくなったのか魚*だ!!!!!!!!
    「かわいそうに……」
    アッシュは目的地に進んだ……

    アッシュが目的地に行くと魚がびっちびち跳ねてた……
    「またか?」
    やがて体力がなくなった魚だが……
    やっぱりしんだ……
    「かわいそうに……」
    アッシュは目的地に進んだ……

    そしてその先で魚がびちびち跳ねてた……がアッシュはもう気分悪くしたくないので素通りした……
    すると!??!?!?!?
    「おい!!!!!!!!ちゃんと見ろよ!!!!!!!!!!!」
    「え!??!?!??!?!?!?!?!?」
    魚しゃべった!!!!!!!!!
    「やだ」
    でもアッシュ先に行こうとすると……
    なんと魚たちがまとわりついて首絞めてくる!!!!!!いてえ!!!!!!!!!
    アッシュはついに観念して魚見てると……

    *だ……
    「かわいそうに……」
    アッシュは目的地に進んだ……そしてそこでは……

    クリューメルがビチビチ跳ねてた……

    「何?w」

    https://ncode.syosetu.com/n5005dz/


    【なろうの最先端やべぇwwwwww】の続きを読む


    「母親同伴でゲームの世界を大冒険」という異色な設定で話題のライトノベル『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』(ファンタジア文庫刊)が、6巻発売を記念して特別動画「もしもしお母さん」を期間限定で公開。優しいお母さん・大好真々子(CV.茅野愛衣)がテレビ電話でいっぱい甘えさせてくれるという内容だ。

    【大きい画像を見る】『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット


    同作は、「第29回ファンタジア大賞」の大賞を受賞するや否や、その設定や真々子のキャラクターが話題を呼ぶ異色の異世界転生ライトノベル。
    これまでゲーム化、フィギュア化、コミカライズ化と注目を集め続けてきたが、今度は毎日忙しくしている“息子”を心配して、真々子がテレビ電話をかけてくれるという特別動画「もしもしお母さん」が公開された。 

    動画は、茅野愛衣の演じる真々子が「ちゃんとご飯を食べてる?」「頑張り屋さんはいい子いい子してあげる!」と画面越しに甘やかせてくれるという、ファン必見の内容。また、縦型で制作されているため、スマホで視聴するとより真々子が身近に感じられるのも嬉しい。

    特別動画「もしもしお母さん」の公開期間は、11月16日まで。【ほかの画像を見る】『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット
    『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』もしもしお母さん「お母さんから電話」編 場面カット


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PJ ライトノベル ポータル 文学 『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』(つうじょうこうげきがぜんたいこうげきでにかいこうげきのおかあさんはすきですか?)は著:井中だちま、イラスト:飯田ぽち。によるライトノベル。第29回ファンタジア大賞の「大賞」受賞作。テーマは「親と子の問題」。
    91キロバイト (14,462 語) - 2018年8月19日 (日) 13:46


    好きな人は好きなんだろうな・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ヤヴァイ】お母さん(CV.茅野愛衣)が甘えさせてくれる!疑似"テレビ電話"】の続きを読む

    このページのトップヘ