お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    動物



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/14(木) 14:50:50.665


    (出典 i.imgur.com)

    インコ


    【【小動物】俺のインコ見ていけよ】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ロシアの男性が野生の子熊を飼い始める
    ・男性と連絡が取れなくなる
    ・警察が捜索すると骨だけになっていた

    セイルゲイとクマ

    野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。

    ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

    セルゲイは、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。セルゲイはクマに「メンブラー」という名前を付けてペットのように育てた。

    しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるセルゲイさんを攻撃するようになった。これに対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがセルゲイさんは忠告を無視した。

    ある日セルゲイさんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。行方不明の通報を受けた警察は、セルゲイさんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。

    一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。
    警察セルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。警察は現場で銃で熊を射殺した。

    警察は「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。発見したクマは攻撃しようとした」と説明した。また「住民の安全のためにクマを射殺した。これ以上の住民に脅威にならない」と述べた。

    一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。

    しかもセルゲイさんが飼っていたクマはヒグマでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。北欧やロシアなどに多く生息する。

    セイルゲイとクマ




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【野生の子熊をペットとして飼っていたロシア人 骨にだけになって発見される】の続きを読む


    子猫(Aleksandr Zotov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    道に捨てられたペットを見たことがある人は少なくないだろう。中には、そんな状況を見兼ねて「私が飼う!」と名乗りを上げた経験がある人もいるかもしれない。

    このことについて、ママ向けコミュニティママスタジアム』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

     

    ■子猫を拾って飼うことに…

    投稿者は、夫と2人の乳幼児と猫と暮らす女性。ある日拾った子猫についての悩みを訴える。

    子供が2人もいることから保護施設に預かってもらうと思ったが、どこも手一杯。もともと2匹目の猫を迎え入れる予定だったため、そのまま飼うことに。

     

    ■義母が激怒

    そのことを義母に話したところ、まさかの大反対。というのも投稿者の夫には奨学金などの借金があり、親からも100万円ほど借りている状況のよう。

    そのため、義母は「援助してあげてる身からしたら納得いかない」と激怒。保護施設に預けるべきだと主張する。

    しかし、投稿者は義母に不満のようで「猫好きの私からしたら、薄情なやつだと思ってしまいます」「猫一匹増えようが減ろうが、金銭的に大差ないです」と怒り心頭。現在、義母とLINEでケンカのような状態になっているという。


    ■「貧乏人」はペットを飼うべきではない?

    「『貧乏人はペット飼うな』と思いますか?」と掲示板に訴えた投稿者。ユーザーからは「義母が正しい」「言われるのは仕方がない」と投稿者に対する批判の声が寄せられた。

    「そりゃ援助してる側からしたら納得いかなくて当たり前でしょ そんな余計な事にお金使ってないで…って思っちゃうよ ましてや小さい子供がいるんでしょ…?」

     

    「お金のことも含めて命を飼うことの責任だと思う。そこまでお金が回らないならやめて」

     

    「貧乏人は飼うなとは思わないけど、実際余裕がないと飼えない場合もある。だから義母さんの言う事は一理あると思う」

     

    猫を助けたいという気持ちはわかるが、まずは借金を返して自分の家のことをやるべきということなのだろう。

     

    ■ペットを衝動的に購入した経験は…

    しらべぇ編集部が全国20代〜60代のペットショップで犬・猫を購入したことがある男女452名を対象に調査をしたところ、およそ6人に1人が「衝動的に購入した」と回答した。年代別で見ると、20〜30代にその傾向がみられた。

     

    ペット

    仮に子猫1匹なら飼えたとしても、お金を出している義母からすればモヤモヤする気持ちもわかる。どうしても子猫を迎え入れたいのであれば、誠意をもって話し合うべきだろう。

    ・合わせて読みたい→子供を生まない女性は母親失格? 義両親からの「ありえない一言」に激怒

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日2016年7月25日
    対象:全国20代~60代の犬・猫をペットショップで購入した人452名(有効回答数)

    「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「貧乏人はペット飼うな」子猫を拾った女性に義母が激怒 その理由に納得の声】の続きを読む


    牛の大きさといえば・・・

    あなたは、牛の大きさを思い浮かべるときどのくらいの高さを思い浮かべるだろうか?だいたい、自分よりは目線が下になるような…

    今、オーストラリアでは、見たこともない超巨大なホルスタインがいると話題になっている。

    で…でかい…!これは明らかに見上げなきゃいけない大きさだ…

    牛の重さは成人男性の約20人分!

    この雄牛の名前はニッカーズ。その大きさときたら、高さは194センチ高身長で有名な速水もこみちよりも高い!

    さらに体重は1.4トン!これは通常のホルスタインの1.5倍ほど、成人男性が70キロとすると20人分に相当する。動画ではノーマルサイズの牛たちと生活を共にしているが、明らかに目立っており、オーストラリア内でもあっという間に有名になった。

    成長し過ぎてしまったため、食用として売るには大きすぎると言われてしまい、食用牛にならずに済んだという。対象規格を超えてしまったというから驚き。大きくなったことで、食べられずに済むという「得」をしたようだ。ぜひとも健康に平和に暮らしてほしいものだ。

    参照元:FacebookBBC

    【驚愕】オーストラリアで見つかった巨大牛の大きさが異次元すぎると話題に!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【驚愕】オーストラリアで見つかった巨大牛の大きさが異次元すぎると話題に!】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/05(水)11:23:50 ID:Svd

    やめろ
    下手すりゃ*わ


    【ネッコ「よっしゃ!ヌッシの顔の上で寝たろ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ