お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    外食


    好きだけど、値段的にたまにしか行かないってか行けないww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/12(金) 16:44:12.04


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    飽きられ始めているのか、「いきなり!ステーキ」の集客力に陰りが見えている。

    運営会社のペッパーフードサービスによると、8月の「いきなり!ステーキ」既存店客数は前年同月比0.9%増と、わずかな増加率にとどまった。
    客単価が落ち込んだため、売上高は2.8%減となっている。「いきなり!ステーキ」といえば、
    行列ができるステーキ店として知られ、多くのメディアでも紹介される人気店だ。しかし、ここにきて集客力の衰えが目立っている。

    客数に異変が起きたのは今年4月だ。前月の3月は13.9%増、2月は12.7%増と大幅に伸びていた。
    それ以前では30%以上の増加率を叩き出すことも珍しくなく、2017年12月期通期は23.9%増と大幅な伸びを見せていた。
    ところが、4月は一転して1.5%減とマイナスに陥った。それ以降も減少が続き、5月が9.0%減、6月が9.6%減、7月が9.4%減と4カ月連続でマイナスとなっている。
    しかも、悪いことに5?7月のマイナス幅はいずれも9%台と決して小さくはない。

    5?7月が大幅な減少となったのは、まず値上げの影響が考えられる。5月16日から、「国産牛サーロインステーキ」の1グラム当たりの価格を10円(税別、以下同)から11円に、
    「国産牛リブロースステーキ」も10円から11円に値上げした。それぞれ値上げ率は10%にもなる。
    一部店舗では販売していない商品ではあるが、販売店舗の利用客がそれを嫌って利用しなくなっていったことが考えられる。

    「いきなり!ステーキ」は、手頃な価格でステーキを食べられることで人気を博した。立ち食い形式を採用しているため、狭い敷地に多くの来店客を収容することができ、高い回転率を実現することができる。
    これにより家賃比率を抑え、その分を食材の原価に充てることができ、高品質のステーキを低価格で提供することが可能となった。
    立って食べなくてはならないという不便はあるものの、おいしいステーキを低価格で食べられるメリットがそれを超越し、行列ができるほどの人気店となっていった。

    しかし、最近は「大して安くない」といった声を耳にすることも少なくない。「いきなり!ステーキ」は、立て続けに値上げを実施している。

    それにより商品の価格が高騰しており、たとえば、全店舗で販売している「リブロースステーキ」(現在、1グラム当たり6.9円)の1グラム当たりの価格は、昨年7月より前と比べ0.4円高くなっている。
    同じく全店販売の「ヒレステーキ」(同9円)は昨年3月に値上げし、0.5円高くなった。
    このほかにもいくつか値上げしており、値頃感は急速に低下している。

    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_482701/
    2018.10.12 00:15 ビジネスジャーナル


    【【外食】「大して安くない」いきなり!ステーキ、いきなり深刻な客離れ…値上げ連発で行く意味消失】の続きを読む



    (出典 cdn.zuuonline.com)


    たまに食べるマックはとっても美味しいです(#^.^#)

    4 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/09/18(火) 18:13:50.872

    パティプラス2枚はまじでうまいぞ


    【マックでガッツリ食べたい!!!】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 ひぃぃ ★ :2017/09/12(火) 14:14:14.70 ID:CAP_USER9.net

    あきんどスシローは9月28日、島根県に「スシロー出雲小山店」をオープンし、全国47都道府県への出店を達成する。

    スシローは1984年創業の回転寿司チェーン。創業33年目、474店舗目で全都道府県への進出が完了する。年間来客数は約1億3400万人に達するという。

    スシローは大手回転寿司のなかでも、最も出店攻勢をかけているチェーンだ。年間30-40の新規出店を計画しており、8-9年後には国内800店舗体制を目指している。とりわけ東北・関東といった東日本地域への出店ほか、全国の都心部への進出を重点的に行っていく方針だ。

    富士経済によると、2016年の回転寿司の市場規模は6,055億円、2017年も6250億円に拡大するとしており、回転寿司市場自体は近年拡大傾向にある。スシローを含め、無添くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司の4社は出店を進めるとともに、各社各様の取組みを進めている。

    スシローでは、「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」をキーワードに、寿司の味にこだわった取組みを進めている。その最たるものが、昨年11月からスタートした「世界の海からいいネタ100円PROJECT」。世界各国でとれた厳選ネタを一皿100円で提供する取組みだ。さらには「前浜プロジェクト」と呼ばれるプロジェクトがあり、各地の均衡で揚がった天然魚を近場のスシローでネタで提供していくという取組みも進めている。

    今後も出店を加速させていくスシロー。全都道府県への出店達成は一区切りに過ぎない。味へのこだわりでまだまだファンを獲得できるだろうか。

    2017/09/12
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/12/sushiro/

    画像

    (出典 news.mynavi.jp)


    【【企業】スシロー創業33年目で全都道府県への出店を達成!】の続きを読む



    (出典 www.aeon.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/09/09(日)16:41:17 ID:kwo

    ナゲットバーベQソースうまぁ


    【なんやかんやでマクドって美味いよな】の続きを読む

    このページのトップヘ