お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    Vtuber


    声優がVTuber運営に抗議する漫画拡散 事務所「著しく企業イメージを傷つけられた」



    人気バーチャルユーチューバーVTuber)を運営する事務所に対し、声優2人が抗議する内容の漫画がツイッター上に投稿され、波紋が広がっている。

    VTuber担当に決まって所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えたという内容だが、やり玉に挙げられたとみられる事務所側は、こうした事実関係をツイッター上で否定している。

    「所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えた」

    漫画を投稿したのは、「実話やぞ読んでくれ」というアカウント名のツイッターで、2018年11月に入って開設された。

    「とある人気企業のVtuberに決まっていた声優2人に実際に起こった出来事を漫画にしました。彼女たちと同じ被害にあう方が出ないように描きました」と、19日に拡散希望だとして漫画をアップした。

    漫画によると、5月のオーディションで誘われた声優は、仲間とともに2人組 のVTuberとして夏休みごろにデビューすると「ゲップランド」なる事務所から言われた。8月中旬には、翌月にデビューするため所属先も辞めるように迫られたという。その前に、イベント出演も断るよう言われたとして、事務所名などを伏せてメールのやり取りの写真も貼り付けてある。

    2人は、契約したいと言ったがはぐらかされ、所属先を辞めることに従った。しかし、その後は1か月も連絡がなく、また会っても、契約していないので他社を受けてもいいと言われるなどした。そして、11月上旬になって、この事務所は、VTuberの公開オーディションを行うと告知した。一体どうなっているのかとメールしたが、また連絡が来ないままだという。

    この漫画投稿には、しばらく反応がなかったが、20日ぐらいになって反響を呼び、21日夕現在で3万件ほどもリツイートされている。漫画での名前に近い事務所ではないかと憶測が流れる中で、「電脳少女シロ」といった人気VTuber事務所アップランドが20日夜、長文の釈明文をツイッター上で公開し、これまでの経緯を明かした。

    「事務所を辞めることの強制は一切しておりません」

    その釈明文によると、アップランドでは、条件などが合意してから所属事務所を辞めることでいいと言ったといい、「こちらが条件確定前に事務所を辞めることの強制は一切しておりません」と反論した。

    声優2人が以前の所属先を辞めた理由は、信頼しているマネージャーが退職したり、もともと辞める予定であったりしたからだと聞いているとした。

    また、11月14日にはメールに返信したので、連絡がないというのは納得できないと言っている。

    そして、「明らかに悪意ある漫画が何者かによって描かれ拡散された」「弊社としても著しく企業イメージを傷つけられた」と憤りを示し、弁護士と相談のうえ対応することを明らかにした。

    とはいえ、VTuber担当になかなかならなかったことなどについては、2人に再度謝罪したいとしている。

    ツイッターネット掲示板などでは、今回の騒ぎについて、様々な意見が書き込まれている。

    声優2人に対しては、「酷い話ですね」「泣き寝入りはしない方が良い」「負けるな、頑張れ」といったエールが次々に送られた。その一方で、「口約束だけで事務所やめる方もどうかと思うぞ」「仕事は契約書交わしてナンボだから脇が甘い」といった指摘もあった。

    事務所側に対しても、「こういったすれ違いを起こさないのも企業側の務め」「認めるところはしっかり認めるのは誠実だ」などと様々な声が出ている。アップランド11月21日J-CASTニュースの取材に対し、「事情確認を進めていますので、取材はすべてお断りしています」と答えた。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    声優漫画に反論する事務所のツイート


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【声優がVTuber運営に抗議する漫画拡散 事務所「著しく企業イメージを傷つけられた」】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/11/17(土) 20:42:34.864


    (出典 i.imgur.com)

    大御所かよ…


    【キズナアイさん、地上波で5時間生放送の枠をゲットする】の続きを読む


     最近ではテレビにも多数出演し、大人気のVTuber(バーチャルユーチューバー)・キズナアイ11月5日21時頃、前代未聞の放送事故を起こしたとして話題になっている。

     この日、YouTube上では、VTuberの「虹河ラキ」というキャラクター生放送を行っていたのだが、この放送の最中に全く無関係のキズナアイの姿が数分間流れるという放送事故が発生。キズナアイは宣伝番組か何かの収録を行っていたらしく、スタッフとの打ち合わせ風景が垂れ流しになっていたのだ。

     キズナアイは「辻さん」と呼ばれる男性スタッフと、来月12月1日BS日テレで放送される「5時間生放送」の、渋谷の大型ビジョンで流れる宣伝VTR収録を行っており、「これって…すいません。文章的になんですけど、『5時間の生放送BS日テレである』じゃなくて、『BS日テレで5時間の生放送がある』のほうが良くないですか?」と落ち着いたトーンで話したり、カメラの位置を「ちょっと変えられますか?」と注文したり、セリフを諳んじたりといった普段のキズナアイからはあまり見られないようなシーンが連発していた。なお、虹河ラキとキズナアイは、同じVTuberではあるが直接の関係はなく、映像がなぜ混線していたのかについては不明となっている。

     キズナアイ及びほとんどのVTuberは、その撮影方法は謎のヴェールに包まれているが、多くの場合は既存の3Dモデルを人間の動きとリンクさせる、モーションキャプチャーという技術を使っており、キズナアイも「中の人」が声と動きの両方を担当しているとされている。その証拠に今回の放送事故では、これまでの動画では見られなかったペットボトルの水を飲む仕草などが登場しており、ファンの間で大きな話題となっていた。

     今回の放送事故キズナアイの隠れた一面が見えたとして、ファンの間では好評だったようだが、その一方で「炎上目的の作為的な事故だったのでは」と疑う声もあるという。事実、放送に流してしまったのは12月1日に放送予定のBS日テレ生放送特番の宣伝用動画であり、事故映像として放送すれば話題性としては十分な効果が期待できる。

     現在、キズナアイ側からは今回の放送事故について、説明などは特に行われておらず真相は不明だが、少なくともBS日テレ特番の宣伝になったことは間違いないだろう。

    記事内の引用について
    Laki Station ラキステーションのYouTubeチャンネルより
    https://www.youtube.com/channel/UCp77Qho-YHhnklRr-DkjiOw

    ラキステーションのYouTubeチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCp77Qho-YHhnklRr-DkjiOw


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ユーチューブで前代未聞の放送事故? VTuberのキズナアイ、“炎上目的では”と疑問の声も】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    滅茶苦茶すぎて困る・・・

    1 名無しさん@おーぷん :2018/10/09(火)08:29:16 ID:9as

    チンタマ強調されてるキャラ描いてみたけどこんなん公的なキャラクターに絶対採用されんわ!!
    乳袋やら股間に貼り付くスカートやら、いかに女キャラに対する表現が麻痺させられてるか解る。

    (出典 i.imgur.com)


    【フェミ「キズナアイがセーフ?じゃあチ〇コを強調したキャラもNHKで流せるのか?」】の続きを読む


    キズナアイ(Kizuna AI)はActiv8株式会社が開発した日本のバーチャルYouTuber。人工知能(AI)を自称している。YouTubeチャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用しており、両チャンネル合わせた登録者数は2018年10月現在のべ330万人を超え、総視聴
    11キロバイト (1,162 語) - 2018年10月3日 (水) 14:18



    (出典 askul.c.yimg.jp)


    別にええやん

    1 しじみ ★ :2018/10/03(水) 22:58:06.06 ID:CAP_USER.net

    京大高等研究院の本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞した。おめでたいことだ。

    その前に、NHKはノーベル賞にちなんで特別サイトを開設。

    バーチャルユーチューバーのキズナアイが、「ノーベル賞 まるわかり授業」を行うということで、話題を呼んでいた(バーチャルYouTuberによるノーベル賞解説 NHKサイトが話題)。

    ところがこのサイトは、その後、違う意味でネットで話題を呼んでいる。

    太田啓子弁護士が、性的に強調された描写、女性の体をアイキャッチに使うことについて疑義を呈し、「NHKノーベル賞受賞サイトでこのイラストを使う感覚を疑う」とツイートしたからだ。

    これに反対するひとたちは、別にキズナアイは性的じゃない、女性からも支持を得ていると反論、太田弁護士に賛同する人は「乳袋(という表現があるのを初めて知った)」やへそが出ている時点で、やはり性的ではないかと、ツイートが飛び交う事態になっている。

    個人的には、やはりノーベル賞の受賞サイトでこれは適切ではないと思う。内容を見れば、キズナアイの台詞は最初から、

    はーい、知ってます。

    壊れないですか。

    はい。

    え~と、スマートフォンの頭みたいな、CPU。

    やった~。あ、わかったバッテリー。

    おお、やった!

    出典:ノーベル化学賞に注目!

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    といった具合で、相槌が基本である。

    その後も、

    はいっ。

    う~ん。

    は~い。

    はーい。

    ほおー。

    といったように、「相槌の名人」となっている。

    日本では近年、小保方晴子氏の「捏造」が発覚してから、ただでさえ少ない理系女子に対する眼差しはさらに厳しい。

    また東京医大の入試では、点数を操作して、女子受験生を恣意的に落としていたことが発覚。

    それを受けて、週刊誌が「女性医師の手術はいやだ」というタイトルの記事を書いている。

    女性、とくに理系の女性に対しての風当たりは厳しく、ノーベル賞の受賞者も男性ばかりだ。

    このキズナアイの代わりに、せめて白衣の女性が立ち、きちんと受け答えをしてくれていたら、女子学生はどれだけ励まされただろうか。

    今後はぜひ、研究や教育にかかわる分野では、配慮をお願いしたい。

    なお10月3日、9時の時点で、スマートフォンから見ると、キズナアイはバストショットしか見えない(パソコンでは、へそなどの下半身が見える)。


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    Y!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20181003-00099158/


    【【Vチューバー】ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか?ネットで炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ