お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    スポーツ


    日本eスポーツ協会(にほんeスポーツきょうかい)は、日本に存在していた一般社団法人。 設立は2015年4月1日。日本国内のエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)の各競技を総括し、代表し、競技を通じてeスポーツを振興させ国内の競技力の向上や普及を目的として活動している。スポーツマンシップを育成し、
    4キロバイト (305 語) - 2018年10月29日 (月) 03:45



    (出典 i.gzn.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/13(木)09:31:13 ID:Tkx

    ゲームが遊ぶ物ってイメージしかなくて競う物ってイメージがないからだよな


    【e-sportsが受け入れられないのって体を動かさないからとかじゃなくて】の続きを読む



    (出典 wonderbridge.net)



    1 Egg ★ :2018/10/23(火) 13:36:26.68 ID:CAP_USER9.net

    女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。

    残り2戦で1次リーグ突破を目指す。試合中はイライラが目立つシーンがあり「決して自慢できることではない」と感情コントロールを課題に挙げた。

     大坂が我慢しきれず、崩れた。立ち上がり、いきなりブレークダウンされて「欲張りになりすぎた」。緊張はなかったというが、リズムを取り戻そうとするあまりに力み、要所でミスが目立った。最終セットまで持ち込んだが、最後は失速。「もっと安定したプレーができれば良かった。ちょっと守備的になりすぎた」と唇をかんだ。

     試合中には感情表現が露わになった。ラケットを足にぶつけて叩いたり、放り投げたりイライラ。コートに膝をついて突っ伏す場面も。「決して自慢できることではない。基本的に無表情の時の方が良いプレーができていると思うので、なるべく感情をコントロールしたい。でも、出ちゃったらごめんなさい」と反省し、最後は笑顔で語った。

    「負けた後、5分くらいは悲しかった」とすぐに気持ちは切り替えられるのが、大坂の今季の強さでもある。「今日はいい勉強になった」と話した上で「この大会のいいところは負けてもチャンスがあるところ。ミスから学んで、すぐに生*機会がある。負けた試合の方が学ぶことは多いので、次に何とか生かしたい」と視線を上げた。

     次戦で対戦するのは24日の世界ランク2位アンゲリク・ケルバー(ドイツ)戦へ視線を上げた。「100万回対戦してるので、お互いを知り尽くしている」とナオミ節を交えながら、決意を込めた。上位2人が進出できる決勝トーナメントへ。もう一度、初心に立ち返って、次戦こそ“らしさ”を発揮する。

    10/23(火) 9:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00041137-theanswer-spo

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【テニス】<大坂なおみ>ラケット投げの“イライラ感情露わ”に反省】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)


    Jリーガーにも頑張っていただきたいですね。

    1 風吹けば名無し :2018/10/04(木) 14:08:25.98 ID:Dh3/ZGQe0.net

    GK
    東口順昭
    権田修一
    シュミット・ダニエル
    DF
    長友佑都
    槙野智章
    吉田麻也
    佐々木翔
    酒井宏樹
    室屋成
    三浦弦太
    冨安健洋
    MF
    青山敏弘
    原口元気
    柴崎岳
    遠藤航
    伊東純也
    中島翔哉
    南野拓実
    三竿健斗
    堂安律
    FW
    小林悠
    大迫勇也
    浅野拓磨


    【サッカー日本代表発表!! 初試合は10月12日㈮VSパナマ代表】の続きを読む



    (出典 www.dailyshincho.jp)


    大きくなったな~

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/04(木) 18:16:27.94 ID:CAP_USER9.net

     フィギュアスケート女子の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が4日、さいたま市内で行われた寝具メーカー・エアウイーヴの会見に出席し、五輪後に日本から贈呈された愛犬の秋田犬、マサルへのオリジナルマットレスを贈呈された。

     すでに夏にアイスショーで来日した際に、同社の高岡社長がプレゼントしていたが、秋田犬の急激な成長により、「前に計った時は22キロ。その後、また大きくなっていると思う」と、ザギトワ。すでに足がはみ出すようになり、新たに作られた。ザギトワは「すばらしいマットレスを作ってくれている」と、喜んだ。

     最初に贈られたマットレスでは、マサルと愛猫イリースカが“なわばり争い”を繰り広げたエピソードが明かされた。「持ち帰った時はちょうどマサルは施設に預けていて、初めてマットレスに寝たのは猫でした。マサルが帰ってきた時はイリースカが占領していて、最初はなわばり争いがあったの」と、笑顔で振り返った。マサルはマットレスにマーキングしてしまったそうで「自分の領土と示すために、おしっこをかけてマーキングしちゃって」。カバーを洗濯し、マットレスの中身を水洗いしたそうで「全然大丈夫でした。便利なマットレスです」と、機能をアピールした。

     同社からはこの日、イリースカ用のマットレスも贈られ、「これで我が家にも平和が訪れます」と、笑った。

     ちなみに自身も五輪後から身長が7センチ伸びたという。ザギトワは、先月行われた今季初戦のネーベルホルン杯で、早くも今季世界最高となる238・48点で圧勝。幸先のいいスタートを切った。愛犬マサルとともに、成長を続ける五輪女王から今季も目が離せない。


    2018.10.04.
    https://www.daily.co.jp/general/2018/10/04/0011702076.shtml

    (出典 i.daily.jp)


    【【フィギュアスケート】ザギトワ 愛犬マサルの急成長明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ