お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    ランキング


    Steamが2019年ベストゲームを発表。売り上げ上位でシングルプレイながら最多接続10万人を超えた『SEKIRO』や『Total War: THREE KINGDOMS』が健闘



     ゲーム配信プラットフォーSteamを運営するValveは、2019年Steamにてもっとも売り上げを出したタイトルプレイされたゲームリストを発表した。

    (画像はSteam 「ベスト2019」より)
    (画像はSteam 「ベスト2019」より)

     Steam全体での売り上げ上位トップ100「2019年 年間ベスト 売上トップ」として公開。具体的なセールスデータは記されていないが、プラチナゴールドシルバー、ブロンズと4つの評価枠に分けられている。

     上位12本に当たるプラチナにはDota 2Grand Theft Auto Vモンスターハンター:ワールドなど、2018年にもプラチナランクインしていた作品も多い。
     2019年に初めてランクインしたのはSEKIRO: SHADOWS DIE TWICETotal War: THREE KINGDOMS』Destiny 2』の3本。特に『Destiny 2』は、10月リリースから2ヶ月足らずでのラインクインと好調のようだ。

     13位から24位に当たるゴールドには今年発売のSTAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』BIOHAZARD RE:2』Halo: The Master Chief Collection』が登場。低価格帯の作品では、今年リリースされた一人称視点剣戟ゲーム『MORDHAU』ランクインしている。

    (画像はSteam 「ベスト2019」より)

     また、この売り上げランキングとは別に、2019年リリースの新作に絞った「2019年 年間ベスト 新作」も公表されている。「ベスト2018」では月ごとのトップリストされるだけだったが、今年は年間全体の売り上げトップリストされるようになった。

     トップの12本では、Steam12月に発売されたばかりのRed Dead Redemption 2の好調な売り上げが目立つ。CODE VEIN『Remnant: From the Ashes』ランクイン。『STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー』SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEと、フロムソフトウェアアクションゲームの血脈にある作品が多数ランクインしているのも、2019年の売り上げトップ作品の特徴と言えるだろう。

     アクションゲームが目立つ中、Planet Zooが新作売り上げ上位にランクイン。評価の高い経営シミュレーションを開発するFrontier Developmentsの新作と言うことで、注目されていた作品だ。

    (画像はSteam「ベスト2019」より)

     このほか、2019年のVRゲーム売り上げトップに、2018年も人気だったBeat Saber『VRカノジョ』SUPERHOT VR』などが再びランクイン。新たにランクインしたのは2018年後半に発売された『Blade and Sorcery』Zero Caliber VR』があるが、2019年12月発売の『BONEWORKSの健闘は特筆に値するだろう。

     『BONEWORKS』は現実の物理法則を可能な限りゲーム内で再現しており、銃器や鈍器を使い戦うだけでなく、バールを引っかけて高所に上るようなことも可能といったリアルゲームプレイが話題となった。

    (画像はSteam「ベスト2019」より)

     2019年トップ早期アクセス卒業タイトルには、プラチナにはCrytekの開発するサバイバルマルチプレイシューター『Hunt: Showdown』『PC Building Simulator』、VRゲーム売り上げトッププラチナにもランクインしている『Beat Saber』などが登場。

     中でも注目は、2013年Steam早期アクセスとしてリリースされたSpace Engineersが、6年の早期アクセス期間をついに卒業したことだろう。宇宙を舞台にしたマルチプレイサンドボックスゲームで、自分で製作した宇宙船や宇宙ステーションを利用し、惑星を探索、資源を集めて厳しい宇宙で生き残りを目指すゲームだ。

    (画像はSteam「ベスト2019」より)

     2019年、10万人以上の同時接続数を達成したゲームは全部で12本。2018年に比べて2本多くなった。2018年F2Pゲームマルチプレイメインゲームが多い傾向にあったが、2019年シングルプレイ専用の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と『Total War: THREE KINGDOMS』がランクインしている。

     PCゲーマー待望のPC版Haloシリーズである『Halo: Reach』もランクイン。マイクロソフトプレスリリースでは、Xbox One版と合わせてローンチウィークに300万人がプレイしたと発表されている。

     2019年Steamトップゲームは、すべてストアページへのリンクや価格も併記されている。ウインターセールで何を買おうか迷ったのなら、上記のページから気になるゲームを探してみてはいかがだろうか。

    ライター古嶋 誉幸

    一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
    Twitter@pornski_eros


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Steamが2019年ベストゲームを発表。売り上げ上位でシングルプレイながら最多接続10万人を超えた『SEKIRO』や『Total War: THREE KINGDOMS』が健闘】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/11/24(日) 16:19:12.895


    (出典 i.imgur.com)



    タイバニの96%が女性票だった


    【NHK「一番面白い日本アニメを決めよう」 腐女子「!!!」(シュバババババババババババ)】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2019/11/24(日) 18:34:58.17

    50歳以上の

    1位石田ゆり子
    2位森高千里
    3位菊池桃子
    4位小泉今日子
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-137552/


    【アサヒ芸能さん、この時代に抱きたい女性ランキングを発表してしまう】の続きを読む



    (出典 image.jimcdn.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/11/22(金) 16:45:30.278

    あくまで実際に飲んでみて感じた個人の感想
    言っとくけど精神薬全般を否定している訳ではない
    現在入手困難なものは下位にしてある


    【危険な精神薬ランキングできたよ】の続きを読む



    1 名無しさん@おーぷん :19/11/17(日)11:17:32 ID:JFS

    第20位.高尾山(東京都 , 標高599m)
    年間登山者数が260万人を超える登山者数世界一の山
    登山者数が多いというだけあって専用駅、ロープウェイ、博物館、スーパー銭湯などこの山に関連する施設は多い

    (出典 i.imgur.com)


    【【閲覧注意】世界で最も危険で邪悪とされる『最凶の山』ランキングBEST20!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ