お役立ち速報

豆知識・無駄知識・ゲーム・アニメ・
勉強・司法試験・資格・
芸能・雑学・生活に役>立つ情報など
皆様の知識を豊かにする まとめブログ!!

    事件・事故


    腐ってたら絶対に捨てろ!

    何日も放置した弁当に口をつけるなんてとんでもない話だが、例え食べてしまってもせいぜい熱がでたり下痢をしたりするくらいだと想像するだろう。

    しかし、今回のベルギーの学生は、猛烈な下痢や腹痛、発熱の末に死亡してしまった。

    この事件は、医療情報を紹介するYoutuber”Chubbyemu”が紹介し話題になったもの。

    2008年ベルギーのブリュッセルの大学に通っていた20歳の男子大学生作り置きしていたパスタを食べたところ、食中毒を起こしてしまったという。

    安いパスタを茹でてソースをかけただけの簡素なもので、冷蔵庫に保管していたというが、一つだけしまい忘れたまま放置してしまっていた。

    家族が気を使ってそのタッパー冷蔵庫にいれたそうだが、その時には既に雑菌が繁殖してしまっていたと見られている。

    そして作ってから5日後、そのパスタ電子レンジで温めて蓋を開けたところ、中からは変な匂いが漂ってきたという。

    普通ならそれで捨ててしまうだろうが、なんとそのまま食べてしまい、趣味のスポーツの集まりに出かけて行った。

    しかしその30分後、猛烈な頭痛、腹痛、吐き気が彼を襲った。すぐに自宅に帰り嘔吐した後、何時間か横になったという。

    更に就寝中でも、真夜中に下痢に襲われ2回もトイレへ行ったりしていたそう。なお、その間は水しか飲まずに、薬の類はとっていなかった。

    翌日の朝11時、彼が起きてこないことを両親が案じて寝室へ行くと、彼は息絶えた姿で発見された。

    パスタに繁殖していた菌が原因か

    検死の結果、原因はパスタであったと断定され、腸内からはパスタに繁殖していたとみられるセレウス菌が大量に検出されたという。

    財団法人”東京顕微鏡院”の情報によると、セレウス菌はピラフオムライスといった米類、スパゲッティといった小麦類に汚染される細菌だという。

    この菌は熱抵抗性があり、加熱しても完全に除去されず、常温で放置することで繁殖する。必要な分だけ調理し、あまりものは適切に保存することで予防できるとされている。

    日本でも過去に、焼き飯を食べた家族3名が嘔吐型セレウス菌食中毒を発症し、1名が死亡している。

    セレウス菌は珍しい菌ではなく、死に至る可能性もある。くれぐれも、食品は適切に扱ってほしい。

     

    参照元:J Clin MicrobiolYoutube東京顕微鏡院

    【衝撃】調理後常温で放置⇒5日間冷蔵していたお弁当を食べた20歳学生が死亡・・・


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】調理後常温で放置⇒5日間冷蔵していたお弁当を食べた20歳学生が死亡・・・】の続きを読む


    【動画はこちら】

    最近、店員が食べ物でイタズラする動画が数多く問題になっていますが、今度はセブンイレブンの店員がおでんを直接箸で食べる動画が物議を醸しています。動画には「日本はどうしたのだろうか」「これの何が面白いのか、何が笑顔になれるのかさっぱり分かんねえんだよな」などのコメントが寄せられています。

    取ったしらたきは鍋に戻しているわけではありませんが、このようにふざけて食べ物を扱われていると思うと、おでんを食べる気が失せてしまいます。。

    【動画はこちら】

    日本はどうしたのだろうか、、今度はセブンイレブンの店員がおでんを箸で直接食べて大はしゃぎする動画が炎上!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【動画あり】今度はセブンイレブンの店員がおでんを箸で直接食べて大はしゃぎする動画が炎上!】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2019/02/07(木) 10:28:49.33 ID:MqZURN+Ta.net

    ティラミスヒーローと同タイプのパクリキャラだった模様


    【大人気ゆるキャラ「ちぃたん☆」が実は著作権侵害で作られたパクリキャラだったと判明し阿鼻叫喚】の続きを読む


    牛丼チェーンすき家」のアルバイト店員が迷惑動画をSNSに投稿し、炎上騒ぎになっている。しかも、その店員の個人情報を特定しようとする動きも。さながら「ネット私刑」の様相で、名誉毀損など法的な問題が新たに生じる可能性もありそうだ。

    すき家お詫び「退職処分」

    すき家を展開するゼンショーホールディングスは「従業員が不適切な行為を行ったことが判明した」とし、ホームページで謝罪。1月31日、関与した店員を退職処分にしたことを発表した。

    今回の動画は、3人の学生アルバイトとみられる店員が動画を撮影・投稿したとされている。動画には「くびかくご」とのテロップが入り、股間に「おたま」をあてるなどの様子があった。

    この悪ふざけを受け、ネット上では3人の個人情報を特定しようとする動きが広がった。真偽は不明だが、何者かによって具体的な学校名や写真などが投稿され、拡散している。

    確かに店員の行為は非難されても仕方ないものかもしれない。ただ、そうであってもこうした「ネット私刑」とも言える行為は、問題にならないのだろうか。伊藤諭弁護士に聞いた。

    肖像権の侵害、名誉毀損の恐れ、プライバシー侵害も

    ーー今回の特定しようとする動きは、法的に問題でしょうか

    「今回のケースで言えば、肖像権の侵害、名誉毀損、プライバシー侵害に該当する可能性があります。

    一般の私人であっても、その容貌などをみだりに公表されない権利(肖像権)を持っています。今回の写真は、店員を特定可能な状態でアップロードしており、店員の肖像権を侵害するものと考えられます。

    また、場合によっては名誉毀損に当たる可能性があります。真実の内容であっても、それが他人の名誉を毀損する内容であれば成立します。さらに個人の情報を勝手に公開する行為はプライバシー権の侵害になります。他人の権利を侵害すれば損害賠償義務を負う可能性があります。

    投稿や動画を引用したり、リツイートシェアしたりしただけであっても、権利侵害があったとして、賠償義務が発生することもあります」

    ネット私刑」は軽率な行為

    ーー「ネット私刑」はなぜ起こってしまうのでしょうか

    「今回は、動画を見て憤り、店員の行動を非難し、一部の人たちが行き過ぎた行動を取っているのでしょう。行動を起こしている人々は、自分の行為に否はなく、むしろいいことをしているんだと考えている可能性すらあります。

    しかし、写真などの個人を特定する情報は、現実の状況や投稿者の意図とは関係なく、写っている人の権利侵害が拡散してしまう可能性をはらんでいます。

    ネット上の名誉毀損は、された方の被害が甚大になってしまう一方、加担している側は自分が安全圏にいるかのような錯覚をし、安易に、かつ行き過ぎた行為をしがちであるという特徴があります。

    ネット上では、軽率な行為が思わぬ結果を呼びかねないことを肝に銘ずる必要があります」

    弁護士ドットコムニュース

    【取材協力弁護士
    伊藤 諭(いとうさとし弁護士
    1976年生。2002年弁護士登録。神奈川県弁護士会所属(川崎支部)。中小企業に関する法律相談、交通事故、倒産事件、離婚・相続等の家事事件、高齢者の財産管理(成年後見など)、刑事事件などを手がける。趣味はマラソン
    事務所名:弁護士法人ASK市役所通り法律事務所
    事務所URLhttps://www.s-dori-law.com/

    すき家「股間におたま」騒動、店員の個人情報が拡散 「ネット私刑」の法的問題


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【すき家「股間におたま」騒動、店員の個人情報が拡散 「ネット私刑」の法的問題】の続きを読む


    代替テキスト

    「私は『返さなくていい』などとは言っていません」

    1月25日早朝、小室圭さんの母親である佳代さんの元婚約者・X氏は本誌の取材に応じ、淡々とした口調で語った。

    眞子さまと小室さんの結婚については二人が決める問題ですから、私は何も言うことはありません。ただ、頼まれて銀行口座に振り込んだお金については全額を返してもらいたいと考えています」

    22日の朝、小室さんが代理人の弁護士を通して“借金トラブル”に関する文書を報道各社に送付した。’17年12月トラブル発覚以降、初めてのコメントだ。

    「22日は早朝から、宮内庁宮務課はパニック状態でした」

    そう語るのは宮内庁関係者。

    「この文書の公表を知らなかったのはX氏だけではありません。秋篠宮ご夫妻をはじめ、宮内庁側は誰ひとりとして知らされておらず寝耳に水でした。秋篠宮ご夫妻は22日、23日と新潟でのご公務が入っていました。宮務課職員は情報収集に奔走し、新潟へ向かわれるご夫妻だけではなく葉山でご静養中の天皇皇后両陛下にもご報告を急ぎました。事前に相談や連絡もなくいきなりのマスコミ発表に、秋篠宮ご夫妻は“怒り心頭”だといいます」

    一方で眞子さまは、文書公表直後の午前10時過ぎ、赤坂御用地からお車で出勤。窓越しに報道陣に会釈し、ほほ笑みを見せられた。

    小室さん側からの文書公表に先立って『共同通信』は《関係者によると、眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。眞子さまも文書の公表を把握している》と報じていた。皇室ジャーナリストは、ため息混じりにこう語る。

    眞子さまは小室さんの文書公表を、あえてご両親にまでお伝えにならなかったということです。私たちの想像以上に親子の亀裂は深刻だったのです。まさか眞子さまが秋篠宮ご夫妻との対話ではなく、小室さんに協力し“全面対決”の道を選ばれるとは……。眞子さまの“裏支援”があったとはいえ、小室さんは眞子さまの意思を盾に自身の文書の正当性を主張したことになります。このような“皇室利用”はあまりに非常識です」

    皇室担当記者の近重幸哉さんも、小室さんの行動を疑問視する。

    「秋篠宮さまは昨年11月の会見で《多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況》が必要だとおっしゃいました。皇室は“心”を大切にします。秋篠宮さまは、当事者である元婚約者の方に誠意を見せ、心を寄せてトラブルを解決する姿勢を求めておられたと思います。現状では、秋篠宮ご夫妻、そして多くの国民も、小室さんの交渉の進め方を受け入れることは難しいのではないでしょうか」



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【眞子さまが小室圭さんを“裏支援”…秋篠宮ご夫妻は怒り心頭】の続きを読む

    このページのトップヘ